米非営利団体TED主催の国際会議「TEDカンファレンス」で、ホストのクリス・アンダーソン氏と話す米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、右、2017年4月28日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)の最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスク(Elon Musk)氏は4月28日に開かれた国際会議で、世界を一変しそうな技術革新を常に試みる自らの事業について「誰かの救世主になろうとしているわけではない」と語った。

 テクノロジー分野の実業家であるマスク氏は、米シリコンバレー(Silicon Valley)のスター的存在で、明確なビジョンを持った事業に情熱を注ぐことで知られる。この日はさまざまな分野のリーダーの講演をオンライン配信している米非営利団体TEDが毎年、カナダ・バンクーバー(Vancouver)で開催している国際会議「TEDカンファレンス(TED Conference)」で登壇。電気自動車や電気トラック、ロケットなどの開発や新たに立ち上げたトンネル掘削企業、さらには超高速交通システムなど自身のベンチャー事業について発言していた。

 火星植民地計画などの夢について話題が及ぶと、同氏は冗談めかして「私は誰かの救世主になろうとしているわけではない」と発言。「私はただ、悲観的にならないために未来について考えようとしているだけだ」と語り、「もし計画を実行に移したら、私のことを本当にいかれていると言うんだろう?」と続けた。

 さらに、米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズ(Tesla Motors)のCEOも務める同氏は、テスラが開発中の自動運転トラックの写真を示し、大型トラックを坂道でけん引できるほどのパワーがあるが、ハンドルはスポーツカー並みに軽いと説明。「初めて試作車を試乗した時には本当に奇妙だった。こんな巨大なトラックを運転しているのに、なんて操作感だ、『クレイジーだ!』と思った」と語った。

 マスク氏が最近温めている壮大な構想の一つは、観光用の月周回旅行だ。そして宇宙探検のような大きな夢の実現について「朝起きたら、生きたいと思うような理由が必要だ。将来、人類が宇宙で暮らせるかもしれない、複数の惑星で暮らす生物種になるかもしれないという期待が持てなければ、信じられないくらい絶望的だ」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News