横浜FCサポーターをITでサポート

写真拡大

自社製パソコン(PC)の販売などを手がけるインバースネット(横浜市)は、Jリーグに加盟するサッカークラブ「横浜FC」のエンブレムなどを配した、オリジナルデザインのノートPCの予約受付を2017年4月25日に始めた。5月中旬から順次出荷予定。

「フェニックス」「エンブレム」2種類のデザイン

同クラブのカラー「HAMA BLUE(ハマブルー)」を基調に、不屈の精神の象徴「フェニックス」、天板中央にエンブレムを配した「エンブレム」2種類のデザインを用意。

反射が少なく目が疲れにくいノングレアの15.6型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載。プロセッサー(CPU)に消費電力が非常に低いというインテル製第7世代「Core」を採用。

ディスプレイ正面にWebカメラを装備し、「Skype」などでテレビ電話を楽しめる。左側面にUSB 3.0×2、右側面にUSB 2.0×2を備え、マウスや外付けHDD(ハード・ディスク・ドライブ)などの接続に便利。前面にメモリースティックとSDメモリーカードを読み込めるカードリーダーを搭載する。

キーボードは間隔が広くタイピングミスを減らせるアイソレーション方式を採用。またデスクトップPCと同様の4列のテンキーを備え、表計算ソフトなどで数字入力の機会が多いビジネスシーンでも活用できる。

そのほか主な仕様は、OSが「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。メモリーは8GB、内蔵ストレージは500GB HDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチ。

価格は、CPU「Core i3」モデルが7万9800円(税別)、「Core i5」モデルが8万9800円(同)。