@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ラグジュアリー・ブランドに、新たなパラダイムが…

ベントレー モーターズ ジャパンは、ベンテイガの追加グレード、ベントレー・ベンテイガ・オニキス・エディションを発表した。

オニキス・エディションの本年度の日本販売は30台限定となり、デリバリーは本年第4四半期を予定している。

この限定モデルは、W12パワートレインを搭載するベンテイガをベースに、装備内容を一部見直し、よりカジュアルに、幅広い顧客層をターゲットとしている。

オニキス・エディション どこが注目?

オニキス・エディションでは、

・グロスベルガブラック仕上げのボディ・ロワーワーク(標準モデルはテクニカルグレー)
・同仕上げのナンバープレート・サラウンド、ドアミラー・フット部
・11色のエクステリアカラー
・20インチ10本スポーク・アロイ・ホイール(ペイント仕上げ)
・ダーク・フィデルバック・ユーカリプトゥスのウッドパネル
・5色から選択可能なシングルトーン・インテリア
・フルーテット・シート

を標準装備しているのが特徴で、ベントレーならではの、細部まで創り込まれた精緻なインテリアとクラフツマンシップは失われていない。

なお、マリナー・ドライビング・スペシフィケーション、ベントレー・ダイナミック・ライドに関しては有償オプションでの提供となる。

価格は23,990,000円。また、据置設定型ローン「My Flying B」では、0.98%の特別低金利ローン(実質年利:本年6月末までの申込に限る)が適用される。