『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C) 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

マクドナルドを世界最強のハンバーガー帝国に築き上げた創業者レイ・クロックをマイケル・キートンが演じた『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』。この映画の予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告編

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を引かれ向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店「マクドナルド」があった。

合理的な流れ作業や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を築き上げるために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

解禁となった予告編は、キートン扮するレイが「知りたいだろう? 52歳にもなるさえない営業マンが、どうやって世界一の“創業者(ファウンダー)”にのぼり詰めたのか。答えはひとつ“根気”だ」と語りかけるシーンから幕開け。

次いで、レイがマクドナルドと出会い、30秒で商品を出すその革新的なシステムに魅入られ、フランチャイズ化を思いつき、全米進出を掲げ、創業者のマクドナルド兄弟との軋轢をものともせず、猪突猛進していく姿が描かれていく。

そしてラストに発せられるのが、「きれいごとだけでは夢は絶対に叶わない」というナレーション。「英雄か。怪物か。」と締めくくられるこの猛烈主人公をキートンが怪演。その妻をローラ・ダーン、マクドナルド兄弟をニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチが演じている。

圧倒的なテンションでアメリカ全土、そして世界中を制覇したハンバーガー帝国の誰も知らない誕生のウラを描いた『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は7月29日より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開となる。