昭和の大スター松方弘樹やハリウッド俳優千葉真一まで登場!平成世代も驚愕するレア特撮 Amazonプライム配信の楽しみ方

写真拡大 (全4枚)

スマートフォンにより、ネットの動画配信サービスはすっかり定着しました。
通勤など、移動中にスマートフォンで動画を視聴する人を見かけることも、当たり前になっています。

動画配信サービスは、ネットを通して人気の映画やドラマ、アニメなどが定額料金で見放題できる便利なサービス。テレビの放送とは異なり、スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも、見たい時に、見たい映画やドラマが視聴できる点も、時間を束縛されたくない現代人にとっては便利なサービスとして受け入れられています。
また、配信されるコンテンツも新旧の人気映画やドラマから、オリジナル作品まで、多様な作品が揃っており、世界中で利用されています。

日本国内でも、米最大手のNetflixをはじめ、膨大な会員を有するAmazonのプライム・ビデオ、先日リニューアルを発表して音楽やスポーツの生放送に注力するHuluなど、選択肢も揃ってきています。

なかでもAmazonプライム・ビデオは、新旧合わせて約2万本の作品が配信されており、トップページを見ているだけでは見つからない、お宝作品が数多くあるのをご存じでしょうか?

「今まで見たことがなかった!」
「こんな作品があったなんて!」
とおもわず驚く、昭和の名作映画やドラマ、さらにマニアックな幻の作品も配信されているのです。

特に昭和の「特撮作品」は、ほかの大手動画配信サービスで見られない驚きの連続です。

特撮作品は、昨年、庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」が日本アカデミー賞を受賞し、各地で特撮展が開催されていますが、「シン・ゴジラ」以前にも、数多くの作品が製作されており、日本独自の文化としても知られています。

Amazonプライム・ビデオでは、特撮の黎明期の作品から、黄金時代に制作された作品まで、超レア作品が見放題で楽しめるのです。

そして、こうした往年の「特撮」作品には、今では信じられないような超有名な大御所俳優たちを見ることができます。

■梅宮アンナの父が日本初の宇宙人ヒーロー!? 美白で超スリムなレア映像



1.jpg

「遊星王子」は日本初の宇宙人を主人公とするテレビヒーロー作品。
テレビ版が好評だったため1959年に映画版が公開されました。

この映画版に主人公の遊星王子として出演しているのが梅宮アンナさんの父で、バラエティ番組をはじめ、ドラマ「特命係長 只野仁」などでも活躍する「梅宮辰夫」さん。

梅宮辰夫さんは、現在では日焼けした恰幅のいい姿からは想像できないほど、美白で細身という抜群のスタイルを披露しています。
映画では、神出鬼没のスーパーヒーローとして、アクションシーンもこなし、宇宙征服をたくらむ敵「まぼろし大使」に立ち向かいます。

■悪のロボット怪人を演じるのは名バイプレイヤー!悪役セリフは必見



2.jpg

「宇宙鉄人キョーダイン」は1976年にテレビ放映されたロボットヒーローモノの元祖。

高度な科学を持つダダ星の軍団が地球侵略を開始。地球を守るために造られた「宇宙鉄人キョーダイン」が、ダダ軍団に立ち向かうストーリーです。

この「宇宙鉄人キョーダイン」に悪役として出演しているのが、コミカルな役からシリアスな役まで、テレビドラマにかかせない名バイプレイヤー「橋爪功」さん。

橋爪功さんが演じるのは、ダダ星の闇将軍「ガブリン」に忠誠を誓うロボット怪人「デスガッター」の”人間態”。

キョーダインに追い詰められたところをカブリンに助けられ
「カブリン様はラストチャンスを与えてくださった。なんとしてもキョーダインを倒さねば!」
と口走るシーンは必見。

■国産初のスペースオペラで異星人役!若手時代のコミカル演技



3.jpg

1967年に放送された「キャプテンウルトラ」は今でも根強い人気を誇る、国産初の本格スペースオペラ作品。

宇宙開拓時代を迎えた地球では、宇宙警察パトロール隊が発足。宇宙の平和を守るため、隊員の本郷武彦ことキャプテンウルトラは、キケロ星人のジョー、万能ロボットのハックと一緒に冒険しながら現れた怪獣たちと戦います。

この作品に登場するキケロ星人のジョーは、今や押しも押されない渋い人気俳優の「小林稔侍」さんが演じています。

小林稔侍さんは、現在は、渋くてカッコいい役やコミカルな役など、2時間ドラマでも人気シリーズを沢山持っていますが、本作品では、スリムで若々しく、キケロ星人のジョーを演じています。

キケロ星人のジョーは、体を丸めて岩のようになれる異星人で、スピード感のあるアクションシーンや、突然現れる巨大な怪獣に驚く表情をみせるなど、現在とはちょっと違うコミカルな演技を見せてくれます。

これらの作品以外にも、先日、他界された松方弘樹さん主演の特撮忍者作品「海竜大決戦」なども、松方弘樹さんがいかに二枚目俳優だったかを偲べるだけでなく、竜や巨大ガマのバトルなど、エンタテインメントな演出は、今みても新鮮です。

また、現在はハリウッドスターのサニー千葉(千葉真一)さんが出演した「黄金バット」「宇宙快速船」などもオススメです。

■平成人も驚愕する? 昭和な特撮は新鮮な驚きに満ちている
このように、テレビでの再放送が難しい隠れた名作、幻の作品が楽しめるのは、動画配信サービスならではの大きな魅力です。

昭和という時代の職人芸と知恵を駆使して制作された特撮作品は、現在のCGを駆使した作品に比べれば、古臭く、稚拙にも感じることもありますが、自由な発想とストーリー、映像は、平成時代に生きる人にも、新鮮な驚きを与えてくれるのではないでしょうか。


磯崎 新