アンソニー・ホプキンス
&マイケル・ベイ監督 Photo by Todd Williamson/
Getty Images for CinemaCon

写真拡大

 世界的な人気シリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」に参加したアンソニー・ホプキンスが、マイケル・ベイ監督を天才と絶賛している。

 ホプキンスは「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を受賞し、数々の話題作に出演している希代の名優。一方のベイ監督は、同シリーズをはじめヒット映画を多数放っているものの、批評家の評価は決して高くなく主要な映画賞に選ばれたことはない。

 しかしこのほど、米ラスベガスで行われたシネマコンに出席した際、米Yahoo!の取材に対し「彼は天才だ」とホプキンスが断言。「オリバー・ストーン、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシと同じレベルだ」と過去に仕事をした名監督を引き合いに出し、褒めちぎっている。また、「トランスフォーマー」シリーズに関しても、「天才によって生み出された傑作だ」と称えている。

 「トランスフォーマー 最後の騎士王」は、8月4日に全国で公開。