低温殺菌牛乳ソフト400円@タカナシミルクパーラー

写真拡大

タカナシミルクファン待望のソフトクリーム専門店「タカナシミルクパーラー」が満を持して、そごう横浜店地下2階食品売り場にオープンしました(2017年4月14日)。

【フォトギャラリー】大注目!絶対食べたいソフトクリーム写真をもっと見る

タカナシ乳業初の直営ブランドストアです。こちらのお店では美味しさに定評のある低温殺菌牛乳で作られたソフトクリームを中心に、タカナシ乳業の乳製品がたっぷり使われたミルクドリンクやパフェなどオリジナルメニューを食べる事ができます。

みなさんは低温殺菌牛乳と普通の牛乳の違いを知っていますか?

日本の牛乳の多くは120℃〜150℃で1〜3秒で殺菌される「超高温殺菌」という製法で作られますが、たんぱく質が変性し、風味や喉越しが変化します。

それとは異なるタカナシ乳業の「低温殺菌牛乳」は、独自のシステムで66℃、30分とゆっくりと殺菌されます。その場合はたんぱく質が変性しない為、優しい香りで生乳に近いさっぱりとした風味を感じるというわけです。

さて、待望のソフトクリームのお味は?

甘さは控えめで、滑らかな舌触りと軽やかさがあり、ミルクの美味しさを感じつつもさっぱりとした後味のソフトクリームです。

岩手県葛巻町産の低温殺菌牛乳を使用されているので、自然な甘さが実現されています。毎日食べても食べ飽きない美味しさです。

この「低温殺菌牛乳ソフト」は、コーンとカップのどちらかを選ぶことができます。牛乳の美味しさを純粋に味わいたい方にはカップを、片手で美味しくソフトクリームを食べたい方には、コーンをお勧めします。

ビジュアルが可愛い季節のパフェもお勧めです。

カップの下の部分はミルクプリンが入っていて、その上にフルーツソースとシリアル、さらにその上に苺ミックスのソフトクリーム、フレッシュ苺とビスキュイトッピングと大満足な内容です。

さっぱりとしたこの美味しさは小さなお子さんはもちろんご年配の方まで楽しめるパフェです。

今の季節は苺ですが、今後は、季節メニュー展開もあるそうなので、楽しみなメニューになりそうです。

圧倒的人気「低温殺菌牛乳ソフト」「季節のパフェ」の他、「ミルクドリンク」もあります。

ミルクドリンクが味わえるのはここ、「タカナシミルクパーラー」だけです。「ミルク&コーヒーゼリー」「いちごミルク」「バナナミルク」の3アイテム揃っているのが嬉しいですね。

さらに、タカナシミルクファンには、嬉しいショーケースがありました!


ソフトクリームに使われている低温殺菌牛乳やプロ向けのタカナシ製品、新製品、クリームチーズの量り売りなど、ブランドショップならではのラインナップに目がハートになります。
オープン以来、連日大盛況というこちらのお店、混雑状況を進藤店長にお伺いしました。

お勧めのご来店時間は開店から午前中、あるいは閉店前の時間帯だそうです。「午後はお待たせしてしまう事があり、大変申し訳ございません。」との事でした。

新緑がまぶしくなるとアイスクリームが美味しい季節のはじまり。
5月9日のアイスクリームの日も近づいてきています。
今年食べておきたいアイスNo.1は、「タカナシミルクパーラー」の「低温殺菌牛乳ソフト」ですよ!
食べ逃すことがないように、みんなで「そごう横浜店」へGO!