FC東京U-23でプレーするFW久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「年齢に関係なく一番危険な選手だと感じた」

 4月30日、明治安田生命J3リーグ第6節が行われ、FC東京U-23はAC長野パルセイロとのアウェイ戦に臨んだ。5月3日のルヴァン杯でトップチームデビューが噂されるFC東京U-23の久保建英だが、この試合に先発出場。昨年、J3デビュー戦の相手となった長野との試合で、自身の確かな成長を感じ取ったようだ。(取材・文:元川悦子)

----------

 4月30日に長野Uスタジアムで行われた2017年J3第6節・AC長野パルセイロ対FC東京U-23戦。青赤軍団の背番号41・15歳の久保建英にとって、この相手は昨年11月5日にJ3デビューを果たした記念すべきチームだった。

 中学3年生だった昨季はJ3のラスト3戦に途中出場するにとどまったが、高校1年生になった今季はここまで6戦中5戦にフル出場。今回は5月3日のJリーグルヴァンカップ・コンサドーレ札幌戦でのトップデビューが控えているため、温存されるのではないかという見方もあったが、先輩FWユ・インスとともに堂々とスタメン2トップに陣取った。

「意識するなと言われても、これだけ注目されたら、みんな意識してしまう。でもスカウティングしても、年齢に関係なく一番危険な選手だと感じた」と長野のキャプテンマークを巻いた39歳の元日本代表・明神智和が言うように、15歳の少年に対する相手の警戒は凄まじいものがあった。

 前半の長野は久保がボールを持つたび2人3人でプレスに行き、動きを封じようとする。レフティである彼の左足には特に強い意識を見せ、明神も意図的に左側に回って何度かボールを奪っていた。このため、前半の久保はシュートゼロ。FC東京U-23自体も右サイドバック・柳貴博が前半12分に放ったシュート1本のみにとどまる苦戦を強いられた。

 0-0で折り返した後半、FC東京U-23は徐々にギアを上げていく。久保自身も「前半はマークが厳しくて、ちょっと押され気味だったけど、相手が前半あれだけマークに来てたら後半は落ちてくるだろうと考えていた」と後半勝負という狙いを持っていた。

 卓越した戦術眼と大胆さが前面に表れたのが、後半開始2分の自身初シュートの場面。右の柳からのパスを受けた背番号41はペナルティエリア内でDFをかわして右足を一閃。あえて利き足でない方でフィニッシュに持ち込もうとした。ボールは惜しくも枠をそれたが、長野守備陣をヒヤリとさせるには十分だった。

警戒される左足。バリエーションを広げる試み

 久保の最大の見せ場だったのは、後半27分の決定機。左サイドバック・小川諒也のパスを途中出場の高校生・原大智が落とした瞬間、前向きにボールを受けた久保は一気に前進。ペナルティやや外側の位置からまたも右足で思い切ったシュートを放ったのだ。これは相手守護神・阿部伸行の正面に飛び、ゴールには至らなかったが、「右でも十分勝負できる」というところを強く印象付けた。

「あそこで右足で1回決めておかないと。『右はないぞ』と思われたらおしまいなんで、早く右で決められるように練習したいと思ってます。相手も自分の左を狙ってきていたし、その分、右が空いてくるんで、『右もあるぞ』というのは見せたいと思います」と15歳の点取り屋はプレーのバリエーションを広げようと今、躍起になっている。

 こうした駆け引き、相手の裏をかくことの重要性はバルセロナ時代から叩き込んできたことなのだろう。それを公式戦、しかもJ3優勝候補の長野相手に具現化できるのが、この選手の非凡さだ。

 後半32分に登場して9ヶ月ぶりの公式戦復帰を果たし、久保と初共演した米本拓司も「化け物ちゃ化け物(笑)。自分が高校1年の時にこのレベルの試合に出るのは考えられなかった。ホントに適応能力の高さ、スピードに慣れる速さもすごいし、今のJ3の軸と言っても過言ではない。ボールを持った時のワクワク感もありますね」と驚きを覚えたという。

 終盤は長野に押し込まれ、シュート数も倍の10本を打たれたFC東京U-23だったが、最終的に0-0のドロー。アウェイでの勝ち点1は最低限の結果だったと言える。

「試合展開的には押されてた時もあったし、押してた時もあって、どっちに転んでもおかしくなかった。転ぶんだったらこっちに転んでほしかったなという試合だったんで、ちょっと悔しかったです」と15歳の点取り屋は勝ち点3を手にできなかったことに不完全燃焼感を吐露した。そんな中でも、この半年間の確かな成長は実感した様子だった。

2日に発表されるU-20ワールドカップのメンバー入りは?

 実際、昨年11月に東京・駒沢陸上競技場で長野と対戦した際には、相手の激しいチェックに苦しみ、思うような仕事ができなかった。元日本代表・橋本英郎(現東京V)にも「(他の選手との違い?)僕には分からなかった。宇佐美(貴史=アウグスブルク)とか家長(昭博=川崎)が本当にすごかったので」とやや物足りなさを指摘された。

 しかしこの半年間で身長が5cm伸びて体がガッチリし、日々の体幹強化によって倒れない強さも養われた様子で、プロ選手たちと互角に渡り合える部分も多くなってきた。

「スピードや当たりの面ではまだこっちのほうが優位性があるから、力でいってしまえるところはあった」とマッチアップした明神も語っていたが、フィジカル的な課題は時間の経過とともに着実に改善に向かっている。それを実感したからこそ、久保自身も「十分やれる」という手ごたえをつかんだに違いない。

「(明神さんは)ワールドカップとかも経験されていて、寄せが速かったり、いいところが見えたりっていうところがありましたけど、まあ全然やれると思う。去年のJ3デビュー戦に比べると緊張感も減りましたし、明らかにやれるっていうのが自分の中にあった。まあ成長しているんじゃないかと思ってます」と背番号41は15歳とは思えないほど堂々と自信を口にした。

 2日にはU-20ワールドカップ(韓国)メンバー発表が控えるが、久保の選出は確実視されている。チームメートになる堂安律(G大阪)が公式戦3試合連続ゴールを挙げ、小川航(磐田)も4月26日のルヴァンカップ・FC東京戦でハットトリックを達成するなど、攻撃陣の競争も熾烈を極めている。

 久保が今回のJ3でのパフォーマンスを糧に、3日の札幌とのトップデビュー戦でどんな一挙手一投足を見せてくれるのか。それは日本サッカー界の一大事と言っても過言ではない。

「この試合ではコントロールがずれてしまったりといった課題もありましたけど、何度かいいチャンスも作れた。ただ、やっぱり最後に決めきれないと勝ちが逃げて行ってしまう。もっと目に見える結果をどんどん残していければと思っています」と語気を強めた久保建英。日本屈指の逸材のトップ初ゴールをいち早く見せてほしいものだ。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子