北朝鮮外務省の韓成烈(ハン・ソンリョル)米国担当次官が4月30日、マツェゴラ駐朝ロシア大使と面会し、核兵器開発を継続する方針を伝えた。朝鮮中央通信が伝えた。

韓氏は席上、「最大規模の(米韓)合同軍事演習と(在韓米軍の)戦略資産増強策動が朝鮮半島情勢激化の根源になっている」としながら、「米国の核戦争脅威から国の自主権と生存権、朝鮮半島の平和を守り抜くために核抑止力強化措置を引き続き講じていく」と述べた。

これに対しマツェゴラ氏は、北朝鮮側の立場に理解を示し、情勢の緩和を願うと述べたという。