中国と英国の両外相は28日、朝鮮半島情勢の緊張が高まっていることを受け、関係国に北朝鮮の核・ミサイル開発計画の阻止を呼び掛けた。資料写真。

写真拡大

2017年4月29日、中国外交部によると、中国と英国の両外相は28日、朝鮮半島情勢の緊張が高まっていることを受け、関係国に北朝鮮の核・ミサイル開発計画の阻止を呼び掛けた。露通信社スプートニクの中国語ニュースサイトが伝えた。

中国の王毅(ワン・イー)外相は28日、英国のジョンソン外相とニューヨークで会談し、朝鮮半島の核問題について意見交換した。

中国外交部によると、両外相は、現在の朝鮮半島情勢について「緊張が高まっており、制御不能に陥るリスクがある」とし「国連安保理の閣僚級会合の開催が極めて必要だ」との認識で一致。関係国に対し、朝鮮半島の非核化の目標を堅持し、安保理の朝鮮に関する決議を確実に実行することによって、北朝鮮による核・ミサイル開発計画を阻止するべきだと呼び掛けた。(翻訳・編集/柳川)