「不協和音」初回仕様限定盤TYPE-A(CD+DVD)

写真拡大

4月30日の「欅って、書けない?」(テレビ東京)は「けやきざか46 初めてのリアクションチェック」を放送。けやき坂46(通称:ひらがなけやき)のメンバーが富士急ハイランドで絶叫マシンやお化け屋敷に挑む姿が紹介された。

【写真を見る】齊藤京子は戦慄迷宮を駆け回り呼吸を忘れた/「不協和音」初回仕様限定盤TYPE-B(CD+DVD)

最大落下角度が121度ありギネスに認定されている絶叫マシン「高飛車」では、絶叫しながらも笑顔を保ち続けた潮紗理菜、搭乗前から泣き崩れていた高瀬愛奈などが個性を発揮。

欅坂46の長沢菜々香を尊敬していると公言する加藤史帆は「なーこ(長沢)ちゃんも前に一人で乗っていたので私も」と単独で挑むことに。

コースターが動き出すと、恐怖のあまり目を閉じてしまったが「なーこ! なーこ! なーこ!」と呪文のように絶叫しながら無事に完走。

「『なーこ』って言ってたら力が湧いてきたので、やっぱりなーこちゃんは偉大だなって思いました」と最後まで長沢へのリスペクトを失わなかった。

井口眞緒とのペアで搭乗するはずだった齊藤京子は、絶叫マシンが苦手ということでまさかのリタイア。

代わりに、佐々木久美が「ラーメン大好き齊藤京子です。ラーメン大好き齊藤京子です」とモノマネをしながら二度目の搭乗を果たすという展開に発展した。

続いて、各メンバーが2人、3人ずつに分かれて富士急ハイランドの名物アトラクションでもあるお化け屋敷「絶凶・戦慄迷宮」に挑戦。

齊藤、佐々木、東村芽依のトリオはお化けに追われながら暗闇の中を進む途中、恐怖のあまりやみくもにダッシュして壁に激突し、スタジオで見守っていたメンバーも爆笑。

「高飛車」をリタイアしてしまっていた齊藤だが「マラソンしてきました。疲れて…呼吸が…してないです」と謎のコメントを残し、しっかり存在感をアピールしていた。

次回の「欅って、書けない?」は5月7日(日)放送予定。