米ペンシルベニア州ハリスバーグで、大統領就任100日目に当たり集会を開いたドナルド・トランプ大統領(2017年4月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は4月30日放送された米CBSテレビのインタビューで、医療保険制度改革(通称オバマケア、Obamacare)の新たな代替法案を発表するほか、北米自由貿易協定(NAFTA)の完全な再交渉を行うと確約した。北朝鮮の核問題をめぐる緊張の緩和に中国が協力すれば貿易面で譲歩すると示唆するなど、通商より安全保障を優先させる考えも明らかにした。

 これに先立ち大統領就任100日は「非常に生産的」だったと自賛していたトランプ氏はインタビューで、医療制度改革への取り組みや、議論を呼んでいる新しい減税計画、北朝鮮の脅威まで、政権が抱えている困難な課題に言及した。

 議会を通すのに2度失敗しているオバマケア代替法案に関しては、既往歴のある人らも保険に入れるなど加入者らの重要な保護規定を残した医療保険制度に意欲を示した。

 NAFTAをめぐってトランプ氏は一時、撤廃するとも脅したが、先週メキシコのエンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領、カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相と会談した後に撤回。代わりに半年ですべての通商協定の問題点を洗い出すことを指示している。

 ただトランプ氏はインタビューで、通商よりも米国の安全保障を優先する考えを明確にした。北朝鮮の核問題をめぐる緊張の緩和に中国が手を貸してくれれば「(米国にとって)良くない貿易協定にする価値がある」と指摘。「貿易は非常に重要だ」としながらも「100万人単位の死者が出る恐れのある大規模な戦闘」を回避する方が優先順位は高いとの認識を示した。

 今回のインタビューでもいつものトランプ節を炸裂(さくれつ)させ、メディアの報道は「不公正」、議会は「信じられないほど時代遅れで動きが遅い」、野党の民主党については「何でも反対する」と非難した。トランプ氏が野心的な法案を議会で通過させるには民主党の一部の支持を得る必要がある。
【翻訳編集】AFPBB News