プレーオフに持ち込んで引き上げるケビン・キスナー(撮影:GettyImages)

写真拡大

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 最終日◇30日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
ダブルス形式で行われた、米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ」は最終ラウンドを実施。ケビン・キスナー、スコット・ブラウンの米国タッグと、ヨナス・ブリクスト(スウェーデン)、キャメロン・スミス(オーストラリア)組がトータル27アンダーで並んでプレーオフに入ったが、悪天候により長時間の中断を挟んだ影響で進行が大幅に遅延したため、月曜日に持ち越しとなった。再開時間は現地8時。競技方式はこの日と同じフォアボールダブルスで行われる。
【関連写真】先輩後輩息ぴったり!松山英樹&谷原秀人のグータッチ!
松山英樹、谷原秀人は最終日に7バーディの“65”をマークしてトータル13アンダー32位タイでフィニッシュ。良い方のスコアを採用するフォアボール形式らしく互いにバーディを量産し7つスコアを伸ばして4日目を締めくくった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

優勝の行方は!?リーダーボードで速報中!
プレーオフ6ホール死闘 野村敏京が米3勝目!!ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウトリーダーボード
最終日に“65”!松山英樹、谷原秀人は13アンダー32位タイでフィニッシュ
人気ドキュメンタリー番組も密着 這い上がる元女王・森田理香子の注目度
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】