変えるのは"眉頭の形"だけ!なりたい印象にチェンジできる簡単眉メイク

写真拡大

眉は顔のイメージを決定づける重要なパーツ。眉の形ひとつで、優しい顔にもキリっとした顔にも見せられるというけれど、上手く描けなかったり、結局いつも同じ眉の形になっちゃったり...という人も多いはず。そんな眉メイク苦手さんにおすすめなのが、「眉頭の形」だけを変えて描くという方法。眉山や眉尻などはいつもの眉と同じ描き方でも、眉頭の形が違うだけで雰囲気を変えられるんです! 変えるのは眉頭だけなので、眉を描くのが苦手な人でも取り入れやすいテクニックです。

今っぽさ&ナチュラルさが欲しいなら「ラウンド眉頭」

今っぽいナチュラルな太眉にしたいときは、眉頭を丸みを帯びたラウンド型にするのがおすすめです。

<ラウンド眉頭の描き方>

ラウンド眉頭の描き方

1. まずは眉頭以外の部分を普段どおりに描きます
2. アイブロウブラシにブラウンのアイブロウパウダーを取り、眉頭に半円を描くようになじませたら完成です

女性らしさ&優しい雰囲気が欲しいなら「斜め眉頭」

女性らしいニュアンスにしたいときは、細めで斜めに入り込んだ眉頭にしてみましょう。

<斜め眉頭の描き方>

斜め眉頭の描き方

1. 眉頭以外の部分を普段どおりに描きます
2. 眉頭の起点を決めます。起点は、目頭から眉頭に向かう延長線が眉頭をぶつかる位置が目安です
3. アイブロウペンシルを使用し、起点から斜め上(約45度)に向かって眉頭を描きます
4. アイブロウブラシで眉頭をしっかりぼかしたら完成です

キリっと意志のある顔にしたいときは「まっすぐ眉頭」

キリっとしたイメージにしたいときは、まっすぐな眉頭にしてみて。意志のある目元が手に入ります。

<まっすぐ眉頭の描き方>

まっすぐ眉頭の描き方

1. 眉頭以外の部分を普段どおりに描きます
2. アイブロウペンシルを使用し、眉頭の下のラインから上に向かって、眉毛を1本1本描き足します
3. 最後に綿棒で、眉頭部分を垂直になぞり、眉頭のまっすぐさを強調させたら完成です

調整するのは眉頭の形だけなので失敗も少なく、時間がない朝でも気軽にチャレンジすることが可能です。この方法で眉メイクの幅を広げてみてくださいね!

【関連記事】
・ "グレー"と"毛並み"がポイント!プロが教える「長谷川潤ちゃん風眉メイク」
・ 【完全版】眉毛の悩み解消!美人になれる眉毛の整え方&描き方

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。