メキシコのプラヤス・デ・ティフアナの国境で再会した家族(2017年4月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国との国境沿いにあるメキシコのプラヤス・デ・ティフアナ(Playas de Tijuana)で4月30日、国境を挟んで離れ離れに暮らす家族が再会するイベントが催された。

 移民権利団体「ボーダー・エンゼルス(Border Angels)」がティフアナ(Tijuana)市政府と米国境警備隊の協力を得て、国境フェンスを開放。わずかな時間ではあったが、家族らは抱き合って再会を喜んだ。
【翻訳編集】AFPBB News