とてもおいしい飲み物なので、遠く離れた友達にもぜひ味あわせてあげたいなどと思ったことはないだろうか。慶應義塾大学とシンガポール国立大学の科学者はこのほど、こうした思いを実現させる味覚伝導装置を開発した。これで遠く離れた友人と飲み物を共有できる日が訪れるかもしれない。中国経済網が伝えた。

実験では、被験者はレモン水に試験棒を入れ、その味と色を記録。その記録を友人宅の特製グラスに入ったお湯に伝送した。グラスに取り付けられている金属棒は、レモン水の酸っぱさを友人の舌に伝える。電極を用いた味覚には、酸味、甘み、しょっぱさ、苦味が含まれるが、複雑さはそれぞれ異なる。研究者は、利用者が今まで味わったことがないような魅力的な味を楽しめる装置を作ろうとしているという。(提供/人民網日本語版・編集/YF)