28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国女性10人のうち4人が「ボトックス」と呼ばれるボツリヌス菌や「フィラー」(皮膚充填剤)などを注入する美容施術の経験があることが分かった。写真は韓国ソウルの狎鴎亭駅にある美容整形広告。

写真拡大

2017年4月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国女性10人のうち4人が「ボトックス」と呼ばれるボツリヌス菌や「フィラー」(皮膚充填剤)などを注入する美容施術の経験があることが分かった。

米ヘルスケア市場調査会社カンターヘルスが、韓国内の21〜55歳の女性約450人を対象に、無作為にアンケート調査を行った結果、ボトックス・フィラーなどの美容施術経験のある女性が42%に達することが分かった。さらに、今はまだ経験はないが、施術する意向がある女性が25%、今まで考えていなかったが、今後検討してみたいとする女性が17%だった。今までに経験がなく、今後も全く考えていないという女性は全回答者の16%に過ぎず、全アンケート対象者の84%がボトックス・フィラーなどの施術経験があるか意向があることが確認された。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「美容整形は自己管理の一環。他人の自己管理に、つべこべ言う権利はない」「自分のお金で、自分の見た目を良くしてるだけだ。何が悪い」「最近男でもやっている人がいる」「私は男だが、見た目が良くなるんだったら、別にやっても良いと思う」など、美容施術に対する肯定的な意見が寄せられた。

その一方で、「見た目最優先の社会が作った弊害」「韓国社会は他人の目を気にするからな」「韓国女性で自然美人はいないということか」など、否定的な意見もあった。(翻訳・編集/三田)