「逆光の頃」ティザーポスター公開 (C)タナカカツキ/講談社・
2017東映ビデオ/マイケルギオン

写真拡大

 漫画家・タナカカツキ氏のデビュー作を、高杉真宙主演で映画化する「逆光の頃」の特報と劇中カット、制服姿で自転車を押す高杉と背中合わせに浮かび上がる舞妓の後ろ姿を描いたティザーポスターが、このほどお披露目された。

 「コップのフチ子」の原案や、「バカドリル」などで知られるタナカ氏の同名人気漫画を実写化。映画は、全12編で構成された原作から「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編と、オリジナル1編をひとつの物語として製作。京都の街を舞台に、高校2年生の赤田孝豊(高杉)の幼なじみ・みことへの恋心や不思議な体験を通して、揺れ動く思春期の心や青春の輝きを描く。小林啓一監督がメガホンをとった。

 特報では、風になびく風鈴の音だけが響くなかで、孝豊と葵わかな扮するみことが雨に打たれる姿や、夏の風物詩である五山送り火、涼しげな鴨川などが映し出される。情緒ある京都の風景とともに、今作で描かれる恋愛、友情、ケンカを思わせるシーンが盛り込まれ、青春を謳歌する若者たちの瑞々しさを感じさせる仕上がりだ。また場面カットは、“幼なじみ”という絶妙な距離感を保つ孝豊とみことを切り取っている。

 「逆光の頃」は、高杉、葵と清水尋也、金子大地、桃月庵白酒、佐津川愛美、田中壮太郎が共演する。7月8日から、東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。