2008年の日本導入以来、数々の特別仕様車、限定車がリリースされているFiat 500。

2016年1月には初のマイナーチェンジを受け、内・外装のデザインがリフレッシュされるとともに、機能、装備もアップデートされました。

意外にも!? Fiat 500として初めてカーナビが標準装備される限定車「Fiat 500 Navigation Package(ナビゲーションパッケージ)」が、5月13日から150台限定で販売されます。

ベース車は、直列4気筒エンジンを搭載する「1.2 Pop(ポップ)」。トランスミッションは「デュアロジック」と呼ばれるATモード付5速シーケンシャル。

同限定車には、純正アクセサリーの2DINカーナビゲーションでカロッツェリア製の「AVIC-RZ300」と、フィアット500のフロントフェイスがプリントされたパナソニック製車載ナノイー発生機が特別装備されます。

20万円相当のアイテムを装備しながら、ベース車に対して5.4万円高に抑えた2,052,000円という買い得感の高い設定になっています。

(塚田勝弘)

初めてナビを標準装備した「Fiat 500ナビゲーションパッケージ」が登場(http://clicccar.com/2017/05/01/468544/)