『フランケンシュタイン』をモチーフに、120年前に生み出され、山奥で暮らす怪物「深志研」(綾野剛)と、人間の女の子の津軽継実(二階堂ふみ)による恋愛模様を描くドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)。4月30日放送の第2話では、父親として怪物を生み出した医学博士「深志研太郎」を演じるのが斎藤工であることが放送内で明らかになり、綾野と斎藤の近距離の絡みが話題となった。

参考:綾野剛、イノセンスな表情が話題に! 『フランケンシュタインの恋』の新境地

 2人の共演シーンは短いものであったが、丸メガネに長髪、髭を生やした斎藤の風貌は、かなりの衝撃だった。斎藤演じる研太郎はすでに亡くなっているため、研の回想シーンに登場する。「僕は人間じゃないんですか?」と問いかける研に、研太郎は「人間は死ぬ。お前は人間としては死んだんだ。それを私が蘇らせたんだ」と死から生を生み出したことを悟らせる。動揺し、虚ろになっている研にそっと近づき、「お前にはたった一人の家族がいる。この私だ。私だけはお前のそばにいる。これからもずっとだ。寂しくなったら森を見ろ。人間じゃなくても生きれるんだ」と抱きしめ、頬ずりをし、顔を近づけ理解させるのだ。

 父親と息子の関係であることを思えば自然ではあるが、2人が35歳の同い年であることに気づくと、ユーモラスにも思えてくるシーンである。大河ドラマ『八重の桜』(NHK総合)での共演を始め、彼らは古くからの仲でもある。気心の知れた関係であるからこその、距離の近い演技が実現できたのかもしれない。

 次週の予告では、津軽の「彼は怪物なんじゃないでしょうか」というセリフと共に、怪物の研が生み出されているようなシーンと、森で父親の研太郎が神妙な顔つきを浮かべる情景を確認することができる。自分自身が誰なのかを探る研と、「なぜか分からないんです。彼を連れてきたのか」と怪物に惹きつけられる津軽。研の回想シーンには、女性サキが登場し、彼女を演じているのは二階堂ふみだ。単なる二役という訳ではない、津軽と怪物には知られざる関係があるのだろうが、それは話が進むにつれ明らかになっていくことだろう。(渡辺彰浩)