セレーナ・ゴメス(Selena Gomez) photo : Getty Images

エグゼクティブプロデューサーを務めたドラマ「13の理由」が大反響を呼んでいるセレーナ・ゴメスがドラマに対する思いを改めて語った。さらに交際中のザ・ウィークエンドについてのコメントも!?

4月27日(木)、若者たちの社会貢献をサポートするイベント「WEデイ」に参加したセレーナ・ゴメス。レポーターにドラマの成功について聞かれると「少し圧倒されている。とても驚いているわ。長い間、このプロジェクトを信じてきたから、このドラマを持つメッセージをよく理解している」とコメント。

高校を舞台にいじめやレイプ、親との確執などを描いたこのドラマ。セレーナ曰く「このドラマを見て、子供たちが恐怖を感じる一方で、困惑したり話をしたりしてくれればいいと思う。ドラマで描かれていることはこれまでも、今も実際に起きていることだから。こんな風に番組がうまくいっていることには圧倒されている」。

ちなみに「WEデイ」は週末にかけて開催され、セレーナと交際中のザ・ウィークエンドも参加してパフォーマンスを披露した。レポーターからは「このウィークエンドは、ザ・ウィークエンドのためにここに来たの?」とトンチの効いた質問も! セレーナは笑いつつ「そうかもね!」。

リハビリを経て復活、最近は一皮むけた感もある最近のセレーナ。ドラマ「13の理由」はシーズン2の制作もほぼ決定しているという噂! 新生セレーナの今後の活躍に乞うご期待。

text : Yoko Nagasaka