理容師に「遅い」と銃口を向けた母親(出典:http://www.news5cleveland.com)

写真拡大

これだからアメリカは至るところに監視カメラの設置が必要となるのだ。幼い息子の真後ろに立っている人間に対し、いとも簡単に拳銃を向けた母親。またしても“世も末の銃社会アメリカ”と言わざるを得ない話題がオハイオ州から飛びこんできた。

事件はオハイオ州クリーブランド市のロレイン通りにある「オールステート・バーバーカレッジ」で4月14日に起きた。そこは理容・美容師を育成する専門学校で、実践を積むために一般市民に対しても格安料金でヘアカットを行っている。そこで7歳の男児が女性の理容師に散髪してもらったが、正面に立った母親は「手際が悪い、遅い」などと不満をぶつけ、ついにはバッグから口径9ミリの自動拳銃グロック17を取り出し、銃口をその理容師に向けたのである。

「お母さん、落ち着いて」と周囲からなだめられ、やがて拳銃を下ろした母親。しかしその瞬間の彼女の怒りは相当なもので、何より幼い息子の目の前で繰り広げられた蛮行であった。その理容師を指導していたマリリン・メディナさんは「たった6ドルでのヘアカットがきっかけで、こんなバカげたことが起きるなんて。本当に怖かった」とメディアの取材に話している。

クリーブランド市警は今、監視カメラの映像に映っているその母親の行方を追っており、市民にも情報提供の協力を呼び掛けている。恫喝や脅迫の言葉に加えて拳銃を取り出したことは重度の脅迫に相当するという。

ペンシルベニア州では「料理がマズイ」と不満を言った夫が妻に撃ち殺され、シカゴでは飼い主の散歩をめぐり親子が口論を激化させ相撃ちとなった結果、父は重体、息子は死亡した。世も末の銃社会アメリカ。安易な発砲による恐ろしい事件の話題を目にしない日はない。

出典:http://www.news5cleveland.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)