【詳細】他の写真はこちら

PCの動きが怪しくなっても慌てないように準備を



周辺機器の増設やソフトのインストール、設定の変更など、PC環境に変化があると動作が不安定になることがあります。周辺機器を取り外したり、ソフトやドライバーなどのアンインストールしたりして直ってくれればいいのですが、そうとは限らないのがPCの難しさです。

こんな時でも、PC環境を変化が起こる前に戻してくれるのが「システムの復元」。とはいえ、復元ポイントが作成されていなければ、戻す事もできません。この復元ポイントが自動的に作成するようになっているか、確認しておきましょう。

確認は、システムのプロパティにある「システムの保護」からできます。無効となっていた場合でも「構成」ボタンをクリックし、「システムの保護を有効にする」を選ぶことで、復元ポイントが自動で作成されるようになります。

PCの動作がおかしくなってから慌てるのではなく、その前から備えておくよう心がけましょう。



▲「Windows+X」キー、もしくはスタートボタンの右クリックで表示されるメニューから「システム」を開き、左側にある「システムの保護」をクリックすると、確認可能できます。



▲「無効」となっていた場合は「構成」ボタンをクリック。「システムの保護を有効にする」を選択し、復元ポイントの作成に割り当てるディスク領域を指定します。10GB前後割り当ててるといいでしょう。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ