インドネシア・ジャワ島にあるジャワ州チアンジュールで、暴走の上、坂を転落し大破したバス(2017年4月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドネシア西部ジャワ(Java)島で4月30日、バスが暴走して複数の車両に衝突し、少なくとも11人が死亡、50人近くが負傷した。警察が発表した。原因はブレーキの故障とみられている。

 現場は、首都ジャカルタ(Jakarta)から南へ90キロに位置するジャワ州チアンジュール(Cianjur)。バスは複数の車やオートバイにぶつかった後、坂を転落。死者の中には、同バスの運転手とオートバイに乗っていた人らが含まれている。

 インドネシアではバスや列車の多くが老朽化している上、整備不良も目立ち、事故が頻発している。
【翻訳編集】AFPBB News