今秋発売の「iPhone8」用の保護フィルムとケースとされる画像が公開されました。これまでの噂に対応したデザインとなっています。

全面ディスプレイに対応、切り欠きは上部のみ

画像を公開したのは、先日iPhone8用のケースとされる画像を公開した、Apple関連のリーク情報で知られる「KK低調」氏です。
 
保護フィルムは、本体前面がすべてディスプレイになりホームボタンはディスプレイに埋め込まれる、との噂に対応したように、切り欠きが上辺のレシーバー部分のみとなっているのが特徴です。
 

 
また、保護フィルムが平面であることは、iPhone8のディスプレイは極端な曲面にはならない、との予測に対応しています。

縦に並んだレンズ、Touch IDは画面に埋め込み?

画像にあるクリアケースは、先日公開されたのと同じものと考えられます。カメラレンズ用の穴が縦長になっており、デュアルレンズが縦に配置されることを示しています。
 

 
また、ディスプレイ内への埋め込みに伴う技術的問題から、本体背面に配置される可能性も検討されていると報じられているTouch IDセンサーは、背面には設置されないようです。

Appleは「iPhone8」のデザインを決定できていない?

AppleはTouch IDセンサーを本体背面に配置するかどうか、まだ決定しておらず、複数のデザイン案を同時に検討している可能性がある、と言われています。
 
そのため、これらの保護フィルムやケースが、「iPhone8」の最終デザインを反映したものではない可能性もあります。
 
 
Source:Twitter
Photo: ComputerBlid
(hato)