©2017 Disney Enterprises,Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

2017年4月21日に日本公開されたディズニー実写映画『美女と野獣』、その美しい映像に合わせオーケストラが生演奏をおこなうイベント“『美女と野獣』ライブ・オーケストラ”の東京公演が4月29日30日に行われました。

【写真4枚】昆夏美・山崎育三郎サプライズ登場「美女と野獣ライブ・オーケストラ」フォトギャラリー

名曲+新曲3曲を生演奏

今回のイベントでは、『美女と野獣』の楽曲を指揮ニコラス・バック、オーケストラ東京フォルハーモニー交響楽団が、スクリーンに映し出される映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏するシネオケのフォーマットで上映されました。

『美女と野獣』といえば、1991年にアニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、同時に3曲が歌曲賞の候補にあがるなど、音楽の持つ力が高く評価されました。オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」を始め、「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、いまも世界中で愛され続けている名曲ぞろいです。

26年の時を経て実写化された本作には、アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが使われているうえ、3曲の新曲が加わったのが大きな魅力。

ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが書き下ろした楽曲は、ストーリーにより深みを与える、美しくエモーショナルなナンバーばかりです。

劇団四季の『美女と野獣』が好きだと話してくれた親子は「ライブオーケストラは初めてでしたが、とてもよかったです。私は舞台が好きなので、普段映画は見ないのですが、今回オーケストラの演奏ということで、娘がチケットをとってくれて、とても楽しみに来ました。予想以上に素晴らしかったです。」と大満足の様子でした。

昆夏美・山崎育三郎がサプライズ登場

4月29日の初回公演では、スペシャルアンコールとして、日本語吹き替え版を担当したベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎が登場し、「愛の芽生え」「ひそかな夢」「美女と野獣」の3曲を披露。

プレミアム吹き替え版の魅力も語ってくださいました。

昆「プレミアム吹替版は、ミュージカルで主役をはられる方ばかり。私にとっても大スターの方たちがたくさん集まった本当にプレミアムなキャスト陣になっております。プレミアム版もご覧にいただいてその違いも楽しめるポイントのひとつになっていると思いますので、プレミアム吹替版もよろしくお願いします! 」

山崎「この作品はアニメーションやミュージカルでもありましたが、今回の映画で改めて日本語が新しく生まれ変わりました。今回の日本語は本当に美しくて、野獣の「ひそかな夢」といった楽曲も「私を揺らし、燃やし、癒やしてくれる」といった本当にグッとくるような日本語の美しさが、今回本当に素晴らしくて、字幕は勿論素晴らしいのですが、ダイレクトに映像と言葉が胸に突き刺さってきます。今日見た方は是非吹き替え版も観て頂けるんでしょうか(一同拍手)」

何度も観たくなる物語

映画『美女と野獣』の魅力は、心揺さぶるストーリーと映像美、そして音楽です。

映画の公開を心待ちにしていたゲストからは「想像以上に楽しかったです。キャスティングも期待通りでよくて、もう曲と一緒だと最高すぎ。一緒にきた友達と明日みたいねと話していました。」と感動を噛み締めているようでした。

ディズニー映画『美女と野獣』は全国にて公開中、“『美女と野獣』ライブ・オーケストラ”大阪公演は5月1日におこなわれます。