ボールボーイに暴力行為の徳島DFに謹慎処分 本人謝罪「申し訳ないで収まる話ではありませんが…」

写真拡大

DF馬渡は公式サイトで声明 「ボールパーソンの方には、深くお詫び申し上げます」

 J2の徳島ヴォルティスは30日、前日に敵地フクダ電子アリーナで行われた第10節ジェフユナイテッド千葉戦(0-2)で、DF馬渡和彰がボールボーイを小突く非紳士的行為を行い一発退場となった件と、別のボールパーソンに対してアルコールと思われる液体をかける行為があった件について、クラブ公式サイト上でお詫び文を掲載。

 馬渡に関しては、Jリーグ規律委員会の処分が確定するまでの間、謹慎処分とすることを発表した。

 この騒動の発端となったのは千葉戦の前半14分だった。徳島のMFカルリーニョスから左サイドにロングボールが展開され、DF馬渡が走り込むも、千葉のGK佐藤優が飛び出してクリア。徳島ボールのスローインとなった際、ボールボーイにすぐさまボールを渡すように馬渡が要求し、ボールボーイは一瞬反応が遅れてからボールを渡したものの、それに怒った馬渡がボールボーイを小突いてしまう。高山啓義主審はこれを非紳士的行為と判断し、一発レッドカードを提示。徳島の選手たちが主審に猛抗議するも判定は覆らなかった。

 馬渡は公式サイトを通じて「昨日のジェフユナイテッド千葉戦において、私が引き起こした行動は、いかなる状況であれこのような行動が認められるわけがなく、あってはいけない行為だったと深く反省しております。ボールパーソンの方には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、深くお詫び申し上げます」と謝罪の意を示した。

試合後、ボールボーイに直接謝罪

 その一方で、千葉ファンやサポーター、関係者に対して次のようにお詫びをしている。

「その行動によって不快な思いをされたジェフユナイテッド千葉のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、Jリーグを支えていただいている皆様にお詫び申し上げます。プロサッカー選手である以前に、人としての行動を改めなければいけませんし、申し訳ないで収まるような話ではありませんが、二度とこのようなことが無いよう努めて参ります」

 今回の一件でJリーグ規律委員会の正式処分が下るまで謹慎処分となるなか、本人は「しっかりと処分を受け入れ、再度サッカー選手としてピッチに立たせていただける状況となれば、支えていただいている皆様に全力で返していきたいと思います」との声明を発表している。

 なお馬渡は試合終了後に、マッチコミッショナー同席のもと、ボールボーイに直接謝罪したことも発表されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

クラブ公式サイトのスクリーンショットです●画像

【動画】YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開されたDF馬渡の退場シーン

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=Bj6rm1euwG0[/embed]

【動画】YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開されたDF馬渡の退場シーン