活躍の幅を広げている
ジェシー・アイゼンバーグ Photo by Jamie McCarthy/WireImage

写真拡大

 「ソーシャル・ネットワーク」で第83回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた米俳優ジェシー・アイゼンバーグが、テレビコメディシリーズ「The Market」に出演し、監督と脚本を務めることがわかった。ワーナー・ブラザース・テレビジョンの同プロジェクトを、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットが手掛ける。米Deadlineが報じている。

 ドラマは、妻を失い、息子スタン(アイゼンバーグ)と暮らすために米ペンシルベニア・ピッツバーグへと引っ越してきた男を主人公にした物語。同時期に職をなくした父子は、容赦のない雇用市場に挑んでいく。

 アイゼンバーグは、バッド・ロボットのエイブラムスとベン・スティーブンソンと共に製作総指揮を兼任する。どの放送局が権利を獲得するかは決定していない。

 放送が決定すれば、アイゼンバーグにとって1999〜2000年にアメリカで放送された「ゲット・リアル」以来初のテレビシリーズへのレギュラー出演となる。例外として、「ソーシャル・ネットワーク」の脚本家アーロン・ソーキンが手掛けた米HBOのテレビシリーズ「ニュースルーム」(アメリカで2012〜14年放送)に、名前を公表せずに1度カメオ出演している。