1898年から2008年までの100年超分の大学生の卒業写真から、どのヒゲスタイルがどれくらい流行しているのかがわかるようにグラフを作成したredditユーザーが現れました。なんと、年間9万枚を超える写真からグラフを作成しており、非常に興味深い傾向が見て取れます。

University Graduate Facial Hair Styles 1898-2008 [OC] : dataisbeautiful

https://www.reddit.com/r/dataisbeautiful/comments/64q73v/university_graduate_facial_hair_styles_18982008_oc/

This is how the facial hair of university grads has changed since 1898 - The Verge

http://www.theverge.com/2017/4/16/15304918/facial-hair-university-graduate-data-sideburn-beard-moustache

redditユーザーのMystic Toasterさんが作成したグラフがこれ。縦軸が割合、横軸が年を示しています。



ヒゲにもさまざまなスタイルがありますが、グラフでは以下の7種類+ヒゲなしの全8種類に大学卒業生のヒゲスタイルを分類しています。

◆Full beard/Chinstrap(ピンク)

「Full beard/Chinstrap」は鼻の下・あご・ほおのヒゲが全てつながってびっしり生えた1番雄々しいスタイル



By Sascha Kohlmann

◆Goatee(水色)

「Goatee」は下あごにヤギのように長く垂れ下がったヒゲを生やすスタイル



By Kevin Dooley

◆Moustache(オレンジ)

鼻の下に生える口ヒゲが「Moustache」



By Alice Keeler

◆Moustache(with Muttonchops)(濃いめの水色)

「Moustache(with Muttonchops)」は、口ヒゲ+ほおヒゲ



By Nathanael Burton

◆Moustache(with Sideburns)(紫)

「Moustache(with Sideburns)」は、口ヒゲ+もみあげ(もしくは短めのほおヒゲ)



By John Markos O'Neill

◆Muttonchops(黄緑)

「Muttonchops」は、ほおヒゲ



By istolethetv

◆Sideburns(赤)

「Sideburns」は、もみあげ(もしくは短めのほおヒゲ)



By ryan

◆Cleanshaven(青)

「Cleanshaven」はきれいにヒゲをそったヒゲなしのスタイル



By uzi978

グラフをひと目見るとわかる通り、1898年から1960年頃までは「ヒゲなし」と「口ひげ」の2種類でほぼ全てが占められていたのですが、1960年代後半から一気にヒゲを生やすことが流行し、1973年にはヒゲなしスタイルの学生はわずか10%となっています。このヒゲスタイル全盛期に最も好まれていたのは、まさかのほおヒゲを生やすスタイルです。1970年代はほおヒゲやもみあげスタイルが流行。その後、口ひげが盛り返したり、あご・口・ほおとびっしりヒゲを生やしたスタイルが流行ったり、ヤギのようにヒゲを伸ばすスタイルが流行ったりとさまざまな流行り廃りの流れが目で追えるようになっています。

もみあげスタイルはあまり日本では馴染みがないように思えますが、アメリカの大学卒業生の間では1970年代と1990年頃から現在にいたるまでかなりの支持率があるようです。これらは「イカしている」から生やしているのかそれとも「処理が面倒」だから生やしているかは不明ですが、日本で同じようなグラフを作るとまったく違う結果になりそうです。