▽明治安田生命J1リーグ第9節、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが30日に行われ、2-0でC大阪が快勝した。

▽3勝4分け1敗で8位につけるC大阪と、同じく3勝4分け1敗の7位・川崎Fの一戦。前節のヴァンフォーレ甲府戦を1-1と引き分けたC大阪は、4日前に行われたルヴァンカップのサガン鳥栖戦を4-4と引き分け、公式戦4試合連続ドロー中。その鳥栖戦のスタメンから9選手を変更。清武とGKキム・ジンヒョンのみ引き続き先発となって鳥栖戦のスタメンがベースとなった。

▽一方、前節の清水エスパルス戦を終了間際の被弾で2-2と引き分けてリーグ戦3試合連続ドロー中の川崎Fは、5日前に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の水原三星戦を1-0と辛勝し、決勝トーナメント進出へ王手を懸けた。その水原戦のスタメンから腰痛で欠場の中村憲剛に代えて登里のみを変更した。

▽清武を[4-2-3-1]の右MFで起用したC大阪と、谷口をボランチで、車屋をセンターバックで起用する[4-2-3-1]で臨んだ川崎Fの一戦。

▽一進一退の攻防で立ち上がった中、17分にC大阪に決定機が生まれる。ソウザのボックス手前右からのミドルシュートがDFにディフレクトしてコースが変わり、枠を捉えた。しかし、GKチョン・ソンリョンの左手一本によるセーブに阻まれる。

▽直後の左CKからソウザのヘディングシュートは枠の上に外れるも、その後はC大阪の攻勢が強まっていく。26分には山口がミドルシュートでGKチョン・ソンリョンを強襲した。

▽流れの悪い川崎Fが谷口をセンターバックに下げ、5バックで対応してきたのに対し、C大阪は29分にも決定機。清武の左クロスに杉本がダイレクトでシュート。しかし、GKチョン・ソンリョンの正面を突いた。

▽劣勢が続いた川崎Fだったが、43分にPKを獲得する。三好のスルーパスに反応した小林悠がボックス右から放ったシュートはGKキム・ジンヒョンにセーブされるも、ルーズボールを拾った三好がクリアにかかったヨニッチに蹴られた。しかし、キッカーの小林悠の浮かせたシュートはバーに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽後半から大塚に代えて板倉を中盤センターに投入した川崎Fは50分に板倉のミドルシュートでゴールに迫るも、C大阪が徐々に攻勢に転じていく。

▽すると66分、左クロスに山村がヘディングで合わせたシュートは枠の右に外れるが、67分に先制する。清武のダイレクトスルーパスに反応してボックス右に侵入した山村のシュートがゴール左隅に決まった。

▽追う展開となった川崎Fは長谷川を投入して前がかっていくも、C大阪が87分に勝負を決定付ける。清武のパスを受けたボックス左の柿谷シュートはGKチョン・ソンリョンにセーブされるが、ルーズボールを清武がボレーで蹴り込んだ。清武のC大阪復帰後初ゴールで2-0とリードを広げたC大阪がそのまま快勝。公式戦5試合ぶりの勝利を飾っている。一方の川崎Fは今季2敗目を喫した。