生活感がある女子はモテる!男が「安心する生活感」と「ゲンナリする生活感」のちがい

写真拡大

一口に生活感といっても、色々なモノがあります。
生活感が無さすぎる女性は男性ウケが悪いこともありますし、逆に生活感が丸出し過ぎて引かれてしまうことも……。

男性が安心する“良い生活感”と、げんなりしてしまう“悪い生活感”の違いとは何なのでしょうか?

●男性が安心する良い生活感の例

●(1)彼女の手料理を食べたとき

『冷蔵庫には野菜がストックされてて、その残り野菜で手料理をふるわれたとき。彼女の味付けになれてくると、居心地がよくなって安心しますね』(28歳/製造)

やっぱり、料理上手な女性は、男性ウケも上々!
料理が出来ないタイプの女性は、生活感が無さすぎて男性からすると微妙なようです。
料理上手な彼女から美味しい料理を作ってもらったときに、「この子が彼女で良かった〜」と男性は感じます。

ちなみに、男性は手間のかかるオシャレな料理よりも、残り物でパパっと作れる簡単な料理 を好きみたいです。

●(2)お金の管理をキチンと出来る

『レシートをきっちりとっていたり、支出の管理をしてるのをみたりすると微笑ましい気持ちになる』(30歳/運送)

金遣いが荒い女性は、男性からするとこれから付き合っていくのが怖くなってしまいます。
やはり、金銭感覚がしっかりしている女性に、男性は生活感を感じ安心するようです。

でも、あまりにケチでお金に細かい性格だと、逆にげんなりされてしまうので注意!

●(3)安い服で上手くコーディネートしている

『ブランド物に似たデザインの服とかを、ファストファッションでとりいれてる彼女をみてなんとなく安心する』(25歳/派遣社員)

プチプラで上手くコーディネートしている女性にも、男性はいい意味で生活感を感じるようです。
逆に、全身ブランド物で固めているような生活感の無い女性は、金遣いが荒い印象を与えるので男性ウケはあまり良くありません。

●男性がげんなりする悪い生活感の例

●(1)服装が手抜きorボロボロ

『いくら安価で手ごろなものとはいえ、あまりにも手抜きなのはちょっとゲンナリ』(30歳/IT)

プチプラで可愛くコーディネートされているならいいのですが、あまりに服に無頓着なのは流石に男性に引かれてしまいます。
服があちこちほつれていたり、シミが付いていたとしたら、生活感というより女子力皆無な感じかも……。

●(2)愚痴や文句ばかり言っている

『つねに「お金がない」と嘆く彼女。なんとなく実家に帰ってきたような気分になって、ちょっと萎えてしまう』(27歳/事務)

見た目以外に、悪い生活感はその人の発言にも現れます。
「疲れた〜」や「お金なくてさ〜」など、生活感丸出しの微妙な発言をついしてしまっていませんか?

そんなネガティブなことばかり言っていると、“生活感丸出しの残念な人” と思われてしまう危険性があります!

●(3)部屋が汚いのを見たとき

『生活感あるっていうレベルじゃないくらい散らかってたりすると、将来が心配になってしまう』(29歳/営業)

部屋が汚いのは、やはり女性としての印象が良くないみたいです。
そこまでピカピカに掃除しなくても大丈夫ですが、せめて洗面台が水あかでヌルヌルなんてことがないように気を付けましょう。

----------

生活感が無さすぎるのも男性ウケは悪いですが、残念な生活感はより非モテ女子に近づいてしまいます。
男性にモテたいなら、家庭的な良い生活感のイメージを持たせることが重要かも!?

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)