小学館「SAPIO」5月号

写真拡大

 またどこぞのネトウヨが無知蒙昧を振りまいて......と、思ったら作家の百田尚樹センセイであった。

「中国を偉大な国と勘違いさせる「漢文」の授業は廃止せよ」

「SAPIO」(小学館)5月号の「禁断の日本再生論」なる特集のなかで、百田が「対中政策の秘策」として寄稿した文章のタイトルがこれ。いったい、このオッサンは漢文になんの恨みがあるのか? 読んでみると、これが予想以上に無教養・無知性の極みだったのである。

 まず、百田に言わせれば、日本人には「中国の脅威」に対する危機感が足りず、それは「中国への漠然とした憧れ」が原因だという。この「憧れ」は、『史記』や『三国志』はては「「中国4000年」という言葉」の影響で生まれた"中国は歴史的な文明国"との「誤解」に基づいているらしい。百田は、そうした史書の読解力を身につける「漢文の授業」を諸悪の根源と見る。

〈そもそも、なぜ学校「漢文」の授業があるのか。英語と違って使う機会なんてないし、あれは趣味の世界だと思うんです。〉

"英語と違って使う機会がないのに"とは、日頃「売れない小説には意味がない」などと公言し、文化の価値を実益でしか測れない、いかにも百田センセイらしい発想。さすが国立大の文系廃止方針を打ち出すなど経済効率優先で「文化」を破壊しようとする安倍首相のオトモダチだけのことはある。反知性主義の極みだ。

 しかし百田の主張はこれにとどまらない。百田はさらに「もともと中国文化は根本的に日本人には合いません」と断言。"朝鮮半島は中国文化を無条件に受け入れたが日本は取捨選択をして「独自の文明」を築いた"と主張しついでに朝鮮半島まで攻撃したうえで、再度、漢文をこう攻撃している。

〈それを考えれば、現在も中国に対する漠然とした憧れを持つことはやめるべきだし、そんな勘違いを育む漢文の授業も廃止したらいいのです。〉

 前からアレだとは思っていたが、まさかこれほどとは......。つまり、百田センセイの頭のなかでは、称揚すべき「日本独自の文明」と大陸由来の「漢文」は切り離されていて、後者は「中国を偉大な国と勘違い」させる"敵性言語"という扱いらしい(しかもそこまで「漢文」を忌み嫌っておきながら、しかしその主張を、同じく中国発祥の「漢字」で書くのはなぜかOKというのも意味不明だ)。

 もはや反知性主義というよりも、端的に「バカ丸出し」である。

 だいたい、日本の歴史を漢文の存在抜きで語ることなど不可能だ。周知の通り、文字をもたなかった古代日本を記録したのは、古代中国の『漢書』や『後漢書』、『三国志』(のいわゆる「魏志倭人伝」)等であって、言うまでもなく漢文である。

 一方、日本の書き言葉の歴史は、大陸から伝来した漢字を借りて「日本固有の古語」を表したことから始まるのではなく、もともと漢字圏の大陸と外交関係を結ぶために漢文を用いたのが最初といわれる(東京大学教養学部・国文漢文学部会編『古典日本語の世界(二)』東京大学出版)。その後、漢文の訓読法が確立され、仮名が生まれてからも、日本文化のなかに漢文は脈々と受け継がれてきた。

 たとえば、『古事記』は変体漢文(口語の影響を受けアレンジされた漢文)で、『日本書紀』は純正漢文だ。右派が大好きな聖徳太子(厩戸王)の「十七条憲法」も純正漢文である。いずれにせよ、漢文知識がなければ原文を読むことはできない。時代を下って中世でも、漢文は支配者層や学者・知識人層にとって必修の教養であり、公文書に変体漢文を使うことも多かった。たとえるならば西洋におけるラテン語のようなものだ。

 明治に入り、日本が近代化に猛進するなかにあっても、漢文とそのエッセンスは生き続けた。そのひとつが漢文訓読調の文体で、憲法も法文も勅語もこの形をとっている。たとえば、安倍政権や極右論客が復活を熱望する教育勅語(「朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ紱ヲ樹ツルコト深厚ナリ〜」)もそうであり、学生や記者までもが漢文訓読調を用いた。また、森鴎外や夏目漱石など文学者だけでなく、伊藤博文ら政治家たちも漢文・漢詩をこよなく愛したことはよく知られている。

 一方、口語文が台頭するのは言文一致の運動が盛りあがる大正以降で、庶民のなかの漢文の教養は徐々に衰退していった。加藤徹『漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか』(光文社)を引用すれば、〈昭和の日本においては、漢文は、すでに「消費財としての教養」になっていた。漢文口調は、気分をもりあげるなど、いわばアクセサリーにすぎなくなっていたのである〉。敗戦時、漢文訓読調の「玉音放送」をラジオで聞いた庶民が、昭和天皇の語る内容を正確に理解できなかったというのはその象徴的なエピソードだろう。そして、その翌年に日本国憲法が口語体で公布されたことで、漢文訓読調は市民の日常生活からほぼ姿を消すこととなった。

 ようするに、百田は「中国を偉大な国と勘違いさせる漢文は廃止にせよ!」とがなり立てるが、実のところ右派が奮って賞賛する明治憲法も教育勅語も十七条憲法も日本書紀も、漢文がなくてはそもそも成立しえなかったのである。とりわけ、百田や日本会議は明治憲法を礼賛する一方で、日本国憲法を「押し付け」として批判し、無効論すら唱えているが、漢文を排除すべしとの立場であるならば、むしろ口語文の日本国憲法のほうを褒め称えるべきであって、漢文の匂いが濃い明治憲法は唾棄すべきとなってしまう。無論、あまりにもバカらしい話だ。

 もちろん、こんな倒錯が起きるのは、百田の主張全体が極めてバカげているからに他ならない。そもそも「文化」なるものは、他者との交流によって影響を与え合い変化し、ときとともに醸成されていくものだ。「自国の文化」と「他国の文化」と明確に切り分けられるようなものではない。中国文化と現代中国政治を混同し、後者への敵意から中国文化排斥に向かう百田の思考は完全にネトウヨレベルだが、それほどこの作家センセイの文化認識の浅薄さは驚くに値する。

 たとえば芥川龍之介は「漢文漢詩の面白味」というエッセイのなかで、こう書いている。

〈漢詩漢文を讀んで利益があるかどうか? 私は利益があると思ふ。我々のつかつてゐる日本語は、たとひ佛蘭西語に於ける関係はなくとも、可成支那語の恩を受けてゐる。これは何も我々が漢字をつかつてゐるからと云ふばかりぢやない。漢字が羅馬字になつた所が、遠い過去から積んで来た支那語流のエクスプレツシヨンは、やつばり日本語の中に残つてゐる。だから漢詩漢文を讀むという云ふ事は。過去の日本文學を鑑賞する上にも利益があるだらうし、現在の日本文學を創造する上にも利益があるだろうと思ふ。〉

 加藤徹・明治大学教授は前掲『漢文の素養』のなかでこう指摘している。

〈「漢文は、しょせんは外国語である」
「漢字は、しょせんは中国人の作った外来の文字である」
 などと主張して、漢字や漢文を排斥する日本人が、たまにいる。
 この考え方は、間違っているうえに、危険でもある。そんなことを言うのは、
「コメは、しょせんは中国大陸から伝わってきた作物だから、コメの飯を食べるのはやめよう」
 と言うに等しい。コメも味噌も醤油も大根も茶も、「日本食」の食材や料理の多くは、中国が起源である。
 そもそも外国の文物を排斥する思想は、どう言い訳しようと、外国出身の人間を差別する思想と紙一重である。〉

 こうしたごく当たり前の事実が、百田センセイの頭からはすっかりと抜け落ちているらしい。こんなツルツルの脳ミソで作家を名乗ることに羞恥心を覚えないのだろうか。ましてや、こんなバカが日本の首相のオトモダチで、ネトウヨの間では「愛国者」としてまかりとおっているのだから目眩がしてくる。

 繰り返しになるが、漢文なしには日本の歴史も文化も成立しなかったのはもちろん、中国にいちゃもんをつけたいがために「漢文の授業を廃止せよ」と主張するのは、結局のところ、日本の歴史・文化にアクセスするのを禁じてこれを駆逐し、"仮想敵"への攻撃的な意識を形成すべしと言っているのと同じだ。こんなものは「保守主義」でもなんでもない。

 ところで百田センセイは、「SAPIO」に寄せたこの"漢文授業廃止論"のなかで、中国の故事「宋襄の仁」を取り上げて〈無用な情けということで、中国では「大バカ者」という意味です。上杉謙信の美談となっている「敵に塩を送る」なんてメンタリティは中国人には通用しません。どんな手を使っても、とにかく勝ちさえすればいいというのが中国の文化なのです〉と得意げに語っている。ちなみに謙信もまた優れた漢詩を残しているのだが、それはおくとして、この大バカ者に別の故事を教えておいてやる。

 一般に愚かな行為や人を指す「バカ(馬鹿)」という言葉は、中世から近世にかけて広まったという。その語源は梵語が有力とされるが、俗説のひとつに故事成語「指鹿為馬」がある。

『史記』によれば、秦の始皇帝の死後、丞相の趙高が反乱を企てるにあたり自らの権威を試そうと、二代皇帝胡亥に鹿を馬だと言って献じてみせた。家臣のある者は沈黙し、ある者は趙高にへつらって馬だと言い、またある者は正直に鹿だと言った。その後、鹿だと言った家臣は合法的に処罰された。趙高は大いに恐れられたという。

「中国を偉大な国と勘違いさせる漢文は廃止にせよ!」という妄言を、恥ずかしげもなく「対中政策の秘策」と題して公開してしまう保守論壇。売れっ子の作家センセイに従わざるをえないのか、それとも無教養なネトウヨや首相に媚びているのか。

 どちらにせよ"保守の頽廃"と言うしかないが、少なくとも、こういうバカにバカだと誰も言えなくなれば、日本は後戻りのできないところまでいってしまうだろう。ただでさえこの国の政権はいま、国民に「鹿」を「馬」と言わせるための政治をしている。そのことを忘れてはならない。
(小杉みすず)