トータル11アンダー4位で競技を終えた片岡(撮影:村上航)

写真拡大

<中日クラウンズ 最終日◇30日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
昨年、プレーオフで敗れ“王冠”を逃した片岡大育。2年連続の最終日最終組に入り、リベンジを狙ったが宮里優作に2打及ばずトータル11アンダー4位で競技を終えた。
【関連写真】最後のバーディを決めた宮里優作は大観衆を前にこのガッツポーズ!
出だしから連続バーディを奪取。「いいスタートが切れましたが、後半はガマンのゴルフが続いて」、サンデーバックナインでスコアを伸ばすことができず優勝には今年も手が届かなかった。
最後は宮里の劇的なバーディを目の当たりに。「最後はみなさんの声援と思いで入った感じでしたね」と祝福。自身は「昨年からの忘れ物があるので、来年も頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里優作が通算4勝目!最後のバーディで混戦を制す
ジャンボ尾崎、青木功と同組は「最後にしてもらいたね」
「久々ウキウキ」魅せたイーグル!森田理香子はV届かずも下部ツアー参戦で収穫アリ
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」
松山英樹や石川遼の情報どっさり!注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜