秋田が今季最多6得点奪い敵地・琉球で大勝…4連勝で首位に立つ

写真拡大

 2017明治安田生命J3リーグ第6節が30日に行われ、FC琉球とブラウブリッツ秋田が対戦した。

 開始わずか2分、秋田は前山恭平のFKを有薗真吾が頭で合わせ、立ち上がりに先制点を奪う。続く39分には前山恭平が田中智大とのパス交換からシュートを流し込み、追加点を挙げる。

 後半に入り秋田はゴールラッシュを見せる。49分に久富賢が3点目を挙げると、57分、61分と立て続けに田中が得点を奪う。琉球は74分に名倉巧が1点を返したが、76分には山田樹にもゴールが生まれる。

 試合は1−6で終了。秋田は今季いまだ無敗で4連勝を達成した。

 次節、琉球はアウェイでFC東京U−23と、秋田はホームで藤枝MYFCと対戦する。

【スコア】
FC琉球 1−6 ブラウブリッツ秋田

【得点者】
0−1 2分 有薗真吾(秋田)
0−2 39分 前山恭平(秋田)
0−3 49分 久富賢(秋田)
0−4 57分 田中智大(秋田)
0−5 61分 田中智大(秋田)
1−5 74分 名倉巧(琉球)
1−6 76分 山田樹(秋田)