堂安律が公式戦3試合連発! G大阪が鬼門・日産で横浜FMを下す

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、横浜F・マリノスとガンバ大阪が対戦した。

 横浜FMは伊藤翔が5試合ぶりのスタメンで最前線に入った。一方のG大阪は赤崎秀平と堂安律が2トップを組み、ボランチには倉田秋と井手口陽介。遠藤保仁はベンチスタートとなった。

 横浜FMは30分、セットプレーのチャンスを得る。ダビド・バブンスキーのFKに中澤佑二が頭で合わせたが、シュートはGK東口順昭にキャッチされた。前半はともに決定機はなく、スコアレスで勝負は後半へ。

 後半に入り51分、伊藤のループパスに齋藤学が抜け出すが、飛び出してきた東口に阻まれる。先制点を狙うG大阪は59分に泉澤と赤崎に代えて、長沢駿とアデミウソンを投入する。すると64分、左サイドを駆け上がった藤春廣輝のクロスを長沢がワンタッチで流すと、最後は堂安が押し込み、アウェイのG大阪が先手を取る。堂安は公式戦3試合連続得点となった。

 この得点が決勝点となり、0−1でG大阪が勝利。G大阪はリーグ戦2連勝、横浜FMは2連敗となった。また、G大阪は2009年以来、日産スタジアムで横浜FMから勝利を挙げた。

 次戦、横浜FMは3日に2017YBSルヴァンカップグループステージ第4節でヴァンフォーレ甲府とアウェイで対戦。G大阪は5日のJ1第10節で清水エスパルスをホームに迎える。

【スコア】
横浜F・マリノス 0−1 ガンバ大阪

【得点者】
0−1 64分 堂安律(G大阪)