FC東京×広島戦の視察に訪れたハリルホジッチ監督。満足のいく内容とはいなかったようだ。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J1・9節]FC東京1-0広島/4月30日/味スタ  日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、J1リーグ9節のFC東京対広島戦を視察した。  手堅い展開が続いた試合は、FC東京が丸山祐市のゴールで勝利。帰路に就く際に取材の応じたハリルホジッチ監督は、「面白いカードだということで見に来た」と視察の理由を明かしながら、次のようにゲームの感想を述べた。 「皆さんもご覧になったと思いますが、あまり多くのチャンスは生まれていません。それは、両チームとも戦術的にしっかりと形を整えて戦っているからだと思います。こういった試合ではセットプレーで試合が決まることがよくあります。CKから丸山のゴールがありましたね」  勝利の立役者である丸山を「しっかりとした守備ができていた」と評価しつつも、「デュエルなどでもう少し自分を出してもいいのかなという印象もあります。DFにいつも要求しているのは、ノーファウルで激しく行くこと。そうすることで守備が向上すると思ます」と要求。右足親指の骨折で戦列を離れ、リーグ戦で4試合ぶりの出場となった郄萩洋次郎に対しては、「できるだけ早くフィジカルコンディションとゲームの感覚を取り戻してほしい」とメッセージを送った。

 

【FC東京 1-0 広島 PHOTO】丸山が拮抗した試合に終止符! J1初ゴールで勝利に導く