ショーン・マーレイ、マイケル・ウェザリー、ブライアン・ディーツェン

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

1.『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
2.『アメリカン・ダンシングスター』(ABC)
3.『BULL』(CBS)
4.『NCIS:ニューオーリンズ』(CBS)
5.『60 MINUTES』(CBS)
6.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
7.『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』(CBS)
8.『ザ・ヴォイス(火曜)』(NBC)
9.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
10.『LITTLE BIG SHOTS』(NBC)

今回発表されたのは、4月17日(月)の週。前週トップだった『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は再放送のため9位に下がったものの、NCISファミリーが揃い踏み。本家の『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』が1位、スピンオフの『NCIS:ニューオーリンズ』が4位、『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』が7位、さらには元『NCIS』の"トニー"ことマイケル・ウェザリーの主演ドラマ『BULL』が3位につけた。『BULL』は新作ドラマながらここまでに放送された19話すべてが視聴者数1000万人以上と、高い数字をキープしている。

また、2位をキープしたのは、ABCの人気リアリティ番組『アメリカン・ダンシングスター』。先日当サイトでも報じた、ヘザー・モリス(『Glee/グリー』)落選の回が対象となる次週の順位にも注目だ。(海外ドラマNAVI)