ボンド、それはミスター・パーフェクト。

スタイリッシュなブリティッシュ・スパイ、ジェームズ・ボンドに憧れる人は少なくありません。では「ボンド、ジェームズ・ボンド」のセリフを真似するだけでなく、本当に彼らになりきりたいと思った場合はどうすればいいのでしょう?

Burger Fictionがジェームズ・ボンドのなり方をまとめていたのでご覧ください。



動画はBurger Fictionより。

1)TPOをわきまえたファッション2)丁寧な言葉使い3)賭け事をたしなむ4)テクノロジーを使いこなす5)悪い奴らに制裁をくだす(時に卑怯)6)類稀なるドライビングテクニック7)女を口説く

簡単そうで難しい7カ条! ファッションセンスとそれを着こなす外見、どんな状況でもFワードを使わない紳士的態度、度胸、Qの発明品を使いこなす知識、鉄の心、スピードを恐れないことと判断力と集中力、そして色気。

付け焼き刃ではボンドになれそうにありません。小さい頃からボンドになるための英才教育でもしないと無理そう。気品なんて1日2日で手に入れられるものじゃありませんしね。

ちなみに数日間でプロのスパイになろうとすると『キングスマン』のエグジーみたいなメッキがはがれてしまうのでご注意を。

・ジェームズ・ボンドが愛したスパイ・ガジェットの全て

image: YouTube
source: YouTube

(中川真知子)