年下と付き合っているアラサー女子も、最近では珍しくないですよね。実際、年下の彼が欲しいと思っているアラサー女子も多いのではないでしょうか。彼氏が年下だと、いつまでも若い気持ちでいられるみたいです。けれど、年下の彼氏とうまくやっていくにはどうしたらよいのでしょうか?
そこで今回は、年下の彼氏とラブラブなアラサー女子の手腕をお教えしちゃいます。年下の彼が気になる人はぜひ参考にしてみてください。

1. 彼より年齢が上であることに引け目を感じないこと

彼が年下だと、一番に気にするのが自分の年齢というものですよね……。しかしここは年上であることに引け目を感じる必要はありません。男性は意外に甘えたがりの人が多いものです。
彼より年上ということは、彼にも本能的に「甘えられるかも……」という気持ちがあるはず。年下の彼とラブラブなアラサーは、そんな男性心理をちゃんとわかっているので年齢に引け目を感じるどころか、むしろ強みとしていかしているんです!

2. 年下の女の子にたいしてヤキモチを焼かない

年下の彼の友だちや女の子を見ると、もちろん若いですよね。女の子は若いというだけでかわいく見えてしまうものですが、そこでアラサー女子がアセったり、若づくりしたりするのは禁物です……。
心配のあまり彼に「若い子の方がいいんじゃない?」なんていうのはもってのほか! そんなことを気にしないのが、年下の彼とラブラブでいるアラサー女子の秘訣。大人の余裕を持ちつつ自然体でいることが、彼にとって素敵な女性に見えるんでしょうね。

3. 彼のことをたくさんほめてあげる

男性はみんなプライドが高い生きものです。なので年下だからといって彼を下に見るような態度ではダメなんです。日頃からちゃんと彼をほめてあげたり、男性としてのプライドを保てるようにしてあげる必要があります。彼も年上の彼女にほめられると自尊心がより高まってうれしいものなのです。年下の彼をほめてのばせるアラサー女子は大切にされるんでしょうね。

4. 彼を男として頼ってあげること

年下の彼と付き合うことで女性は心配が多いかもしれませんが、それは彼だって同じ気持ちです。彼女が年上であることで「男性として頼りにしてもらえているだろうか」「もっとしっかりした大人の男性の方がいいのではないか」など、年下の彼も不安な気持ちはあるんです。年下の彼とラブラブでいるアラサー女性は、年下の彼に対してなんでもやってしまうのではなく、彼に頼ったりする場面をちゃんと作っているんですよ。

5. 大人としての包容力を発揮する

年齢にかかわらず、束縛ってされると逃げたくなっちゃいますよね……。年下の彼ならなおさら束縛は禁物です。余裕がない年上の彼女って、彼からするとガッカリされかねません……。年下の彼が、年上の女性に求めているものってやはり包容力ではないでしょうか。もちろんクールすぎても彼にとっては寂しいもの。年下の彼に夢中になってもらえているアラサー女子は、大人の余裕を見せつつたまには嫉妬したり甘えてみたり……。そのさじ加減が上手なんです!

いかがでしたか? 年下の彼氏だと恋も短命かと思われがちですが、年下の彼と長く付き合ったり結婚している女性もたくさんいるんです。年下の彼とラブラブで、いつまでも若々しくいられるアラサー女子……うらやましいですね!