急失速の神戸、痛恨3連敗…甲府が堀米勇輝の一発で4試合ぶり白星

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、ヴィッセル神戸とヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 試合が動いたのは38分。左から田中佑昌が上げたクロスを堀米勇輝がダイビングヘッドで合わせ、甲府が先制に成功した。

 後半は神戸がゴールを目指して攻め続けたが、最後まで得点を挙げることはできず、試合はこのままタイムアップ。甲府が4試合ぶりとなる白星を手にした。一方の神戸はこれで3連敗、ここ5試合で4敗と不振に陥っている。

 次節、神戸は5月6日にアウェイでサンフレッチェ広島と、甲府は同7日にホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 0−1 ヴァンフォーレ甲府

【得点者】
0−1 38分 堀米勇輝(甲府)