予告通り参加した乃木坂46握手会で西野七瀬と写真を撮ったことを報告する平野美宇選手。インスタグラムには星野みなみとの2ショット写真も(平野美宇選手のインスタグラムより)

 女子卓球の平野美宇選手(17)が、テレビ番組で宣言していた、乃木坂46の握手会に参加。西野七瀬(22)や星野みなみ(19)との2ショット写真を公開し、「嬉しい」と喜びを伝えている。

 平野選手は、先日開催された卓球のアジア選手権で、女子シングルスで日本勢21年ぶりとなる優勝を飾り、15日放送のフジテレビ系『バイキング』にゲスト出演した。

 その際、平野選手は自身が“アイドル好き”であることを告白し、「乃木坂46の西野七瀬ちゃんが好きで、握手券があるんですけど、それに当選したので、今度行きます」と乃木坂46の握手会に参加することを宣言していた。

 そして、4月29日に自身のインスタグラムを更新した平野選手は「乃木坂握手会に行ってきました」と握手会に参加したことを報告し、「星野みなみちゃんレーンに並んでいたらスタッフさんが声をかけてくださって写真を撮っていただけました」とし、星野との2ショット写真を公開した。

 さらに、「またお会いできて嬉しい」とのコメントや「#神推し」などのハッシュタグを付けて、西野との2ショット写真も掲載。自身が出演した『バイキング』の放送後、西野との2ショット写真を公開していた平野選手だが、改めて握手会で西野と再会できたようだ。

 この報告にはファンから大きな反響が上がり、「良かったね!」「ほんとに行ったんだね」などと驚きや祝福の声が挙がり、「なあちゃんとツーショット羨ましい!!」などの声も寄せられている。