「劇場版 生徒会役員共」キービジュアル (C) 氏家ト全・講談社/
桜才学園生徒会視聴覚室

写真拡大

 氏家卜全氏の漫画をアニメ映画化する「劇場版 生徒会役員共」の主題歌を、テレビシリーズに引き続き、氏家氏の作品「アイドルのあかほん」に登場するアイドルユニット「トリプルブッキング」(日笠陽子、佐藤聡美、矢作紗友里)が担当することがわかった。楽曲タイトルは未定。CDは7月19日発売予定で、価格は1200円(税抜き)。

 同作は「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の同名漫画が原作で、男女比率28対524という私立桜才学園を舞台に、ひょんなことから生徒会副会長に就任してしまった常識人・津田タカトシが、会長の天草シノをはじめとした個性的な生徒会役員たちとともに繰り広げる下ネタギャグ作品。このほど、公式サイトでは、シノやタカトシ、七条アリア、萩村スズら生徒会メンバーを描いたキービジュアルと、予告第1弾映像が公開された。

 また、主題歌CD発売日の7月19日には、2014年に放送されたテレビシリーズ第2期「生徒会役員共*」のブルーレイボックスも同時リリースされる。本編13話を収録したブルーレイ3枚に、映像特典ブルーレイ、新規描き下ろしオーディオドラマを収録したCDと、72ページの特製ブックレットが付属する。価格は2万3194円(税抜き)。

 そのほか、5月14日には、WEBラジオ「アニメ『生徒会役員共』が全部わかるラジオ」の公開収録イベントが、東京・ニッショーホールで開催される。第1部が午後2時30分、第2部が午後5時30分からで、畑ランコ役の新井里美、津田コトミ役の下田麻美、出島サヤカ役の田村睦心、柳本ケンジ役の白石稔、機長役の利根健太朗らが出演予定。

 「劇場版 生徒会役員共」は7月21日全国公開。