FC東京がホームで広島を完封、丸山の先制ゴールでリーグ2連勝飾る

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、FC東京とサンフレッチェ広島が対戦した。

 前節に白星を挙げたFC東京はFW大久保嘉人やFW前田遼一が先発。対する広島はMF青山敏弘やFW工藤壮人がスターティングメンバーに名を連ねている。

 FC東京は試合開始5分、東慶悟が左サイドから中央へ切り込みシュートを放つが、ボールは枠を大きく外れてしまう。続く11分、高萩洋次郎が広島DFの中途半端なクリアを拾ってミドルシュート。序盤はFC東京のペースで試合が進む。
 
 一方の広島は31分、柏好文が左サイドからクロスを送り、工藤がヘディングで合わせたが、ここは枠をとらえることができない。41分にはエリア後方でFKを獲得し、塩谷司が直接ゴールを狙うが、相手GKの好セーブに見舞われた。両チームともに惜しいシュートはあったものの、無得点のまま前半を終える。

 後半に入り55分、広島は前線に上がった塩谷が工藤へパスを出し、工藤がDFを背負いながら上手く反転してシュート。しかし、GK林彰洋が得点を許さない。その後、FC東京は梶山陽平に代えて田邉草民を投入する。

 拮抗した展開が続く後半だが、FC東京が試合を動かす。68分、太田宏介のCKがゴール前にこぼれ、最後は丸山祐市が押し込みゴール。ホームのFC東京が待望の先制点を奪った。

 76分には太田のFKから大久保がヘディングでゴールを狙うが、ここはクロスバーの上を大きく外れた。試合終盤、同点を狙う広島は立て続けにチャンスを演出するが、FC東京の堅い守備を前にネットを揺らすことができない。

 試合はこのまま終了。FC東京が広島を1−0で下し、リーグ戦2連勝を飾った。次節、FC東京は5月7日にベガルタ仙台と、広島は6日にヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
FC東京 1−0 サンフレッチェ広島

【得点者】
68分 1−0 丸山祐市(FC東京)