@AUTOCAR

写真拡大

申し入れはザウバーから

ザウバーからの申し入れにより検討を進めてきたと、ホンダは説明する。供給を通じて、エネルギー・マネージメント技術の研鑽とパワー・ユニットの競争力向上をさらに加速していくとのことだ。

ホンダ森山克英のコメント

本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山克英は「2015年からのマクラーレンとのパートナーシップに加えて、来年からザウバーへのカスタマー・パワーユニット供給を開始することは、ホンダのF1活動における新たなチャレンジとなります」

「2チーム供給によるメリットを最大限に活かせるよう、開発を行っているHRD Sakuraと英国ミルトンキーンズの活動拠点双方の体制を強化し、強いホンダをファンの皆さまに一日も早くお見せできるよう、これからも挑戦を続けてまいります」とコメント。

ザウバー・チーム代表モニシャ・カルテンボーンのコメント

ザウバーのチーム代表モニシャ・カルテンボーンは「来期よりHondaと共に戦えることは、ザウバーF1チームにとって非常に光栄なことです」

「チームの再編成が進んでいることは、オーナー交代のみならず、このHondaとのテクニカル・パートナーシップからも明らかです。この『新エンジン時代』に新たなマイルストーンを加えて戦うことを大変心待ちにしています」

「そしてもちろん、これからも新たなチャンスを模索していきたいと思います。チームは、戦略的視点からも技術的視点からも将来の成功への道筋を示すことになる、ホンダとのパートナーシップを大変楽しみにしていますし、このパートナーシップの実現に導いてくれたホンダに感謝します」と、コメントしている。