米ペンシルベニア州ハリスバーグで、就任100日を迎え、集会で演説するドナルド・トランプ大統領(2017年4月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は29日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領と電話会談し、ドゥテルテ大統領を米首都ワシントン(Washington D.C.)に招待するとともに、北朝鮮の「脅威」について話し合った。ホワイトハウス(White House)が明らかにした。

 北朝鮮は同日早朝に弾道ミサイルの試験発射を新たに実施するなど、同国の核およびミサイル開発をめぐって緊張が高まっている。

 ドゥテルテ大統領に対しては、主要政策でこれまでに数千人が殺害された麻薬撲滅戦争をめぐり国際社会から批判が集まっている。

 ホワイトハウスの声明によると、「非常に友好的な会話で、両首脳は北朝鮮による脅威を含め、地域の安全保障をめぐる東南アジア諸国連合(ASEAN)の懸念について話し合った」という。

 また両首脳は「世界中の多くの国々にも影響を及ぼしている麻薬を国内から撲滅するために、フィリピン政府は懸命に闘っているという事実についても意見を交わした」という。

 ホワイトハウスはさらに、トランプ大統領が「現在非常に好ましい方向に進んでいる米国とフィリピンの同盟関係の重要性について話し合うため」、ドゥテルテ大統領をホワイトハウスに招待したことを明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News