キム・ハヌル(提供写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】日本女子ゴルフツアーのサイバーエージェント・レディースは30日、静岡県グランフィールズCC(6501ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、韓国のキム・ハヌルが鈴木愛とのプレーオフを制し、優勝した。昨年11月以来の通算4勝目で、賞金1260万円を獲得した。

 キム・ハヌルは通算7アンダー、209で並んだ鈴木愛とのプレーオフで、1ホール目でバーディーを奪い、優勝カップを手にした。鈴木はパーだった。
csi@yna.co.kr