キルギス南部オシで、地滑りに一部が巻き込まれたアユ村(2017年4月29日撮影、提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中央アジアのキルギスで29日、地滑りが発生し、現場近くの村の一部が巻き込まれ、子ども9人を含む24人が死亡した。非常事態省が明らかにした。

 非常事態省の声明によると、地滑りが発生したのは現地時間29日午前6時40分(日本時間同日午前9時40分)ごろ、南部オシ(Osh)で、現場近くのアユ(Ayu)村の6件の民家の住民たちが巻き込まれた。

 同省の報道官は「子ども9人を含む、住民24人全員が地滑りに巻き込まれて死亡した」と述べた。

 現場では医療関係者や兵士を含む250人が救助活動などに当たっている。

 またこの数時間後、近隣の村でも別の地滑りが発生して民家3軒が巻き込まれたが、この村では死傷者は出なかったという。
【翻訳編集】AFPBB News