MONDO GROSSO、14年ぶり新作アルバムに満島ひかり、bird、INO hidefumi参加

写真拡大

 プロデューサー/DJとして活躍する大沢伸一によるMONDO GROSSOが、14年ぶりの新作アルバム『何度でも新しく生まれる』で完全復活を遂げる。

 1993年に大沢伸一がバンドのリーダー兼ベーシストとしてデビュー、その名を轟かせた後、バンド解散後は大沢のソロ・プロジェクトとして、音楽性を大胆に変容させながら「LIFE feat. bird」や「Everything Needs Love feat. BoA」等の名曲を輩出してきたMONDO GROSSO。

 待望の新作はMONDO GROSSO史上初となる“全編日本語ボーカルもの”。そのボーカリスト第一弾として満島ひかり、bird、INO hidefumiの3名の参加が発表された。

 満島の参加した「ラビリンス」は、アルバム・リリースに先駆けて4月22日に完全限定生産12inchアナログをリリース。本日4月28日より先行配信もスタートした。同曲の作詞は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦によるもの。本日より「ラビリンス」Lyric VideoもYouTubeで公開中。

 大沢のトータルプロデュースの元、1999年にデビューしたbirdは、MONDO GROSSO史上最大のヒットである「LIFE」から17年ぶりのコラボレーションとなる「TIME」を歌う。

 さらに、フェンダーローズのプレイヤーとして、その音色に数多くのファンを持つINO hidefumiが歌う「迷子のアストゥルナウタ」は、元THE BOOMの宮沢和史が作詞をつとめている。


◎MONDO GROSSO「ラビリンス」Lyric Video
http://bit.ly/2oPuhCb

◎リリース情報
アルバム『何度でも新しく生まれる』
2017/06/07 RELEASE
(CD+DVD)CTCR-40387/B 3,300円(tax out.)
(CD only)CTCR-40388 2,800円(tax out.)

デジタルシングル『ラビリンス』
2017/04/28 RELEASE
iTunes:http://apple.co/2pb0ib6

12inchアナログシングル『ラビリンス』
2017/04/22 RELEASE(完全生産限定)
CTJ1-40386 1.800円(tax out.)