クリス・プラット&アンナ・ファリス

写真拡大

マーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で主演を務め、同作のプロモーションで先日初来日を果たした人気俳優クリス・プラット。この時のレッドカーペットにも妻アンナ・ファリス(『キューティ・バニー』)を同伴していたクリスだが、彼が家族を同行させるのにはある理由があった。米Hellogigglesが伝えた。

プレスツアーに妻アンナと息子のジャックくんを同行させたクリス。その理由について、「(家族と一緒にいることは)この世界ツアーで最高のことだった。家族を連れて行くのはいいことだ。浮わついてしまう気持ちから自分を引き戻してくれるんだよ」と、米Entertainment Tonightのインタビューで答えた。

「行ったり来たりしていると、そこでのことをちゃんと覚えていなかったりするんだ。でも家族がいれば一緒に経験することができて、(家族がいない時とでは)全く違う時間になるんだよ。家族が一緒にいてくれると、僕は僕自身でいられるんだ」

家族を連れて東京を訪れたクリスは、イベント時にアンナと撮った写真を画像共有サイトInstagramに投稿し、「僕の大切な人、アンナは『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年公開の日米合作映画)で演じた陽気な役がフラッシュバックしているようだ。サポートしてくれてありがとう、ハニー。とても綺麗だ。このようなプレスツアーは慌ただしくなってしまう。そんな旅にアンナとジャックが来てくれて本当に感謝しているよ。今は午前3時だけど、ベッドに入った息子くんに背中を蹴られて目が覚めてしまったんだ。彼は空手か何かの夢を見ているようだけど、僕は眠れなくなってしまった。だからインスタをやっているんだ。どのパパもママもわかってくれるよね」と、日本についてきてくれた家族への感謝を綴っていた。

ノリと笑いで銀河を守る!? 最強に笑えるアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)