【警告】群馬=パク・ゴン(22分)、舩津(34分)、チェ・ジュンギ(44分)、山岸(45+2分)、鈴木(48分)、松下(90+4分) 名古屋=青木(31分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】田口泰士(名古屋)

写真拡大 (全2枚)

[J2・10節]群馬1-4名古屋/4月29日(土)/正田スタ
 
【チーム採点・寸評】
群馬 5
失点するまでは、松下、鈴木をベースに前向きなプレスが掛かっていたが、失点後にチームは失速。90分間を通じてのゲームコントロールに課題を残した。
 
【群馬|採点・寸評】 
GK
1 清水慶記 5
前半から好セーブを見せていたが、後半は守備が弛み、フリーでシュートを打たれて4失点。
 
DF
36 チェ・ジュンギ 5
アグレッシブなディフェンスは好印象。しかし経験不足もあり、細かい動きのズレがあった。
 
3 川岸祐輔 5
シモビッチとマッチアップし、気迫の守備で奮闘したが、完全に封じ込めることはできなかった。
 
20 パク・ゴン 5.5
相手の起点を潰し、球際でもファイトしていたが、結果を引き寄せることはできなかった。
 
MF
30 松下裕樹 6
決死のディフェンスでチームを鼓舞し、攻撃ではパスを左右に配球。チームの心臓だった。
 
8 鈴木崇文 6(81分OUT)
鋭い読みを活かしたボールカットと的確なスルーパスで、松下とともにゲームを作った。
 
2 舩津徹也 5(75分OUT)
献身的な動きで精力的なアップダウンを見せるも、良いプレーと悪いプレーの差が大きかった。
 
5 阿部 巧 5(81分OUT)
前半は前向きなプレーでチームを勢いづけたが、終盤は後ろ向きのプレーが増えてしまった。
FW
15 岡田翔平 5
攻守にタフな動きを見せたが、再三のチャンスを活かせずに決定力に課題を残した。
 
26 高井和馬 5
名古屋相手に自慢の右足は不発。ドリブルでは仕掛けたが、見せ場と言える場面はなかった。
 
9 山岸祐也 5
先制点こそ決めたが、ゴール前での甘さが目立ち、決定力不足を露呈してしまった。
 
交代出場
MF
28 岡庭裕貴 4.5(75分IN)
重心が軽く、名古屋守備陣のプレスに簡単に屈していた。前線起用が良いのでは?
 
FW
10 マテウス -(81分IN)
テクニックと風貌だけは本物だが、動きがスローで戦力としては微妙な状態だ。
 
FW
6 小林竜樹 -(81分IN)
ポジションも役割もあいまいで、バイタルエリアで仕事をする彼本来の良さが出ていなかった。
 
監督
森下仁志 4.5
名古屋に逆転負けし、開幕10試合勝ちなし。リードしてからの采配に工夫がなかった。
【チーム採点・寸評】 
名古屋 6
前半は群馬の捨て身の守備に苦しみ1点ビハインドで折り返すが、後半は酒井のゴールを皮切りにゴールラッシュ。終わってみれば4-1の大勝だった。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 楢粼正剛 6.5
前半アデショナルタイムに失点したが、後半は的確なセーブでゴール割らせなかった。
 
DF
15 宮原和也 6
プレスにハマるシーンもあったが冷静に対応。献身的な動きで攻守のバランスを保った。
 
36 酒井隆介 6.5
同点となる低空ミドルシュートを決めて、チームを再生させた。守備には安定感あった。
 
4 シャルレス 6.5
群馬の激しいプレスに追いかけられたが、慌てずに対応。最少失点で凌いだ。
 
39 内田健太 6(28分OUT)
28分に、群馬のファウルで脳しんとうを起こして途中退場を余儀なくされた。
 
MF
28 玉田圭司 6.5
悪い流れの前半でもボールを受けて状況を打開、彼の動きで他の選手が自由になった。
 
7 田口泰士 6.5
タフでハードなゲームだったが、余裕を持ってプレー。90分トータルでゲームを作った。
 
29 和泉竜司 6.5
前半は相手のラフな守備に受け身となったが、2アシストでチームの勝利を手繰り寄せた。
 
23 青木亮太 5.5(58分OUT)
群馬のハードプレスに苦しみ、存在感を発揮するこができず、58分でピッチを退いた。
FW
9 シモビッチ 6.5
前半は群馬の粘りに手こずったが、後半は格の違いを見せて逆転ゴールも決めた。
 
38 永井 龍 6.5(80分OUT)
73分、目の覚めるような強烈なミドルショットをファーサイドのネットへ突き刺す。
 
交代出場
MF
13 磯村亮太(28分IN)
内田のケガによるアクシデントで急遽出場。先制されたが、粘り強く守り抜いた。
 
FW
10 フェリペ・ガルシア -(58分IN)
投入直後にセットプレーからゴールをアシスト。4点目も決めラッキーボーイとなった。
 
FW
25 杉本竜士 -(80分IN)
リードした残り10分の場面で永井と交代し出場。前線でチャンスを窺っていた。
 
監督
風間八宏 6
ケガ人が出る中で先制を許しながらも、冷静な采配で逆転勝利を演出してみせた。
 
取材・文:伊藤寿学(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。